おだやかな日

朝 
e0111793_21234416.jpg


春のような一日でした。

夕暮れはいちだんと大きな太陽が山の向こうに沈んでいきました。
空が深い青になって
一番星が出ました。

e0111793_21452522.jpg


普通に過ぎた日
程よい疲れ、おなかもいっぱい、ほろ酔い
あたまが働きません。

しかし、今から『アインシュタインの眼』 をみます。
もしかしたら途中でねてしまうかもしれません。
# by kasumi_em | 2007-01-30 21:53 | Comments(8)

坐禅会

e0111793_2101959.jpg


これ、観月橋の指月山月橋院というお寺にあった^^

ここは宇治川河畔にあるお寺
指月、とは四月 
つまり空の月、川の月、池の月、盃の月
四つの月を一度に観ることができる場所。豊臣秀吉も愛でた月見の名所です。

以前からこのお寺の前を通る度に
  『坐禅会 第2、4土曜日 午前9時より』 と門の横に書いてあるのが気になってました。
坐禅は10年余り前に一度違うお寺で経験したことはあるのですが
また、行ってみたいな、と思っていたんです。

それで、今日は丁度時間も空いていたので
遂に行ってきました。
なんだか緊張しつつ、門を恐る恐る開けて、、、、誰もいないなぁ
4足下駄箱に靴がある。一安心。
障子を開けて、記帳。
控え室みたいな部屋に年配の男女がいはりました。

挨拶をして、だいたいどんな風に座禅会が進行するのか教えていただきました。

坐禅をする本堂まで歩いていくのに、叉手(しゃしゅ)という手の組み方をすること
敷居をまたぐ時は引き戸のある方の足でまたぐこと・・・初めて知りました。

仏さまの御前に
坐禅用の丸っこい座布団にお尻を乗せて
背筋をのばして、あたまをのせて
あぐらをかいて、

鐘がご~~んと鳴って瞑想を始めます。

し~~~ん、

今まで聞こえなかった車の音、電車の音、からすやヒヨドリの声が聞こえます。
風でなにやら揺れる音も。
そして、次から次に雑念が・・・・・。
瞑想なんて、全然です。

本堂は冷えるし、ひやあ~~、としてきます。しかし
不思議にそれも一瞬に通り過ぎる。
45分ほど坐禅を組んでいるあいだに自分と向き合えた一瞬もあったけど
殆んど雑念の嵐やった。


終わってから、今日はお寺のお庭の掃除をさせていただきました。
竹箒で落ち葉やツバキの花の落ちたのを掃きました。
写経をする日もあるそうです。

e0111793_21381660.jpg
e0111793_21391563.jpg


それから
お昼にみんなでおかゆをいただきました。
今日は新年なので、小豆粥でした。
あと、たくあん、昆布などの佃煮と
今日は特別に風呂吹き大根もありました。

質素で健康的。
やっぱり作法があって、基本的には
お皿は両手で持つ事、音を出さない事。
しかし、たくあんや奈良漬をいただくと、ぽりぽり言うてしまう。
修行僧はたくあんを噛まずに飲み込むとか、口に含んで外に出てから噛む、とか読んだことがあります。

それで、私ってば、たくあんを全部食べてしまったら
隣りにいた人がまた一切れお皿に載せてくれたんです。
 えっ、なんで? 食べるんかいな! って思ったら
実はこれ、、このたくあんは役目があったんです。

お粥はだいたいおかわりして2杯食べるらしいんですが
食べ終わったお椀にお茶を入れて、たくあんをタワシ代わりにして、佃煮をとったお皿やその他のお皿をお茶で洗うんです。
お椀もたくあんできれいに擦って洗い、そのお茶をゴクゴクと飲むわけなんです。^^

なんと合理的というか、ひとつも無駄にしないんですね。

それから、今日は今年初めての坐禅会だったんで
ご住職の娘さんがお抹茶を立ててくださいました。^^ラッキーな私。

ご住職が 『初めて参加されていかがでしたか?』 と訊ねてくださり
   『思ったより時間が短く感じました。』 と答えると
全員から、お! とか へえ!とか感嘆の声と笑いが起こり
ほんまに初心者でおこがましいやら恥ずかしくて消え入る思いでした。

初めてな上に、信仰心も持ち合わせない私ですが
快く迎えてくださり、帰りは、またお越しくださいと笑顔で送ってくださいました。
# by kasumi_em | 2007-01-27 22:25 | 体験 | Comments(14)

こどもたち、寄っといで~!

今朝、TVつけてたら
東京の下町で紙芝居一筋52年という、おじいさんのこと放送してました。

子供が好きで、狭い自宅の一部を駄菓子やにして、学校から帰って集まってくる子達との交流を心から楽しみにしてる。
子供たちも、今日は何にしようかと選んで、お店の中でおしゃべりしながら食べるの。

ほのぼのとしてました。
こんな時にこどもの本心とか出るのかもしれません。

うちの子達も小学生の頃、時々100円持って駄菓子屋に行ってたなあ
私が子供の頃は、ニッキ味を紙に塗ってあるのがあって、
青や赤や黄色の物凄い色で
それを舐めたら、口が真っ赤や真っ青になってた。^^今はそんなものはないけれど、
水あめやおせんべいにソース付けるのはまだあります。

その、おじいさんは
毎日自転車に紙芝居と駄菓子を積んで、一日3箇所くらい
路地やら公園に出かけて、子供たちに紙芝居を見せてるんです。

『黄金バット』とか年代ものもあった・・・。
拍子木をカンカン打って、『紙芝居がきたよ~!』 って知らせるの。
昔は、そこらで遊んでいた子供たちが、いっぱい集まってきて
おじいさんの紙芝居を見たんだって。

でも、
おじいさんが寂しそうに言うの
『ここ数年は子供が一人も集まらない日が多くなった。』 って。
『昔とまちの様子がちがってきた。こどもたちは外で遊ばなくなった。
  もう、時代が変ってしまって、引退しようかと考える。』 と。

だけどね、やっぱり子供が好きだし、これしか他にやることないから、
それに、今でも来てくれる子達が大人になって
   『そうそう、駄菓子屋の紙芝居あったよなあ~。おもしろかったなあ~。』

って、思い出してもらえれば、それだけでいいから
体が動かなくなるまでやるよ!と言ってました。

*****************************************************
文科省がゆとり教育の見直しをするらしい。
基礎的な勉強の時間が減って、習う内容も減って学力が低下したから10%授業時間を増やすんだって。

でも、今まで通り土日休みなら、一日の授業時間を増やさなければならないし
遅くまで勉強して、遊ぶ時間が益々無くなるよ。
土曜日にも学校へ行って、読み書きそろばん(算数)をしっかりしてほしいな。
読書はこころを育てる大きな力があると思うから、子供たちがどんどん本を手にとるように指導してもらいたい。


ゆとり教育で生きる力をつけるって
これ本来は家庭でやることでしょう。もう家庭にその力もなくなって
放課後のもう一つ社会、群れて遊ぶ事も無くなってしまったから。
そして自然に触れる事も・・・。

それで地域の人たちが、放課後や土日に
子供たちのために居場所を作って、
読み聞かせしたり、遊んだり、料理作ったり、外に連れ出したりしていろんな体験をさせようとがんばってる。

文科省もこれに予算も組んで、期待してるようなんだけど。
わたしも、ここ2年間、本来の活動以外に、この文科省の事業に関わってきたけれど
子供の参加は減る一方なんですよね。e0111793_15545862.jpg

おとなが子供にほんとにどう育ってほしいか
真剣にじっくり考えないといけないなと思います。


   

   【先日習ってきた折り紙で作ったコマ】→
# by kasumi_em | 2007-01-25 16:07 | 仕事 | Comments(14)

寝坊した

久々にやってしまった!

息子に起こされて、時計みたら7時40分
あちゃーー!

『もう、弁当も朝ご飯もいらんし・・。』 と息子。
いや、まだ出かけるまで20分あるから、超特急で作るわ。

おにぎり、卵焼き、チキンを塩コショウでやいて
冷凍のしゅうまい、ブロッコリー湯がいて、みそ汁作る時間はない

手抜き弁当と朝ご飯の出来上がり!
いつもは髪を整えるのに10分はかけて、ご飯食べるのに30分もかかる息子
『このおにぎり柔らかすぎる』とか言いながら素早く完食。

間にあったあ。しかも10分で出来てる、すごい!
更に、デザートまで食べる余裕。

やればできるやん!わたしも息子も。

なんで、寝坊したかって言えば
一度5時50分に目が覚めて、あまりに眠いからもう少しだけ寝ようと眼を閉じたのがあかんかった。
昨日2時にお布団入ってから、同期会の開催場所をどこにしようかと考えてた。
学生時代の部活の同期会の幹事が当たってる。
自分が行きたい場所はいろいろあるけれど
関東や四国、北陸e0111793_16251025.jpgから来る人もあるし、やっぱり京都かなあ。

しまなみ海道は気持ちいいやろなあ
吉野の千本桜に天川の山歩きもいいなあ
京都なら嵐山か亀岡の湯の花温泉に泊まって、川下りしようか
宮津の一度行ってみたいホテルで泊まって天橋立と伊根の船屋を見に行こうか

難しいもんやなあ
どこでも良いといえばそうだけど。
自分のことならすぐ決められるのに、みんなのこと考えると中々決められない。
頭いたい。
# by kasumi_em | 2007-01-19 16:27 | Comments(20)

笑う門に福きたる

e0111793_1321813.jpg


ゆきさんの息子さんが、お姉さんにお年玉としてあげたという、
ターバン巻いた野口さんが気になる私。

折ってみました。こんなんでどうでしょう?!
しかし、これはターバンというよりインドネシアだかどこかの
首相がかぶってる帽子みたいやなあ

これは?

e0111793_15352379.jpg

これ、ちょっと気持ち悪いかも・・・。

ゆきさんが教えてくれた、ターバン野口の折り方のサイト
        
      *****************************

日曜日に 大蔵流の茂山さん一門の 狂言見てきました。

毎年、お正月に『初笑い おやこ狂言』 と銘打って
子供たちに、ほんものの伝統芸能を
ほんものの能舞台で鑑賞してもらいます。

もう19年続いていて、子役で出てた童司さんも
もう立派な若者になってシテをやるようになり
なんだかうれしいような、年月の経つのがほんとに早いです。

頓智や風刺も入った、お笑い
基本的に、狂言は京都の笑いなんだそうで
室町時代の京都の町が舞台の話です。


附子(ぶす)』は小学校の教科書にも載ってますが

ある日、いつも威張っているのにケチな主人が出かけるのに、
太郎冠者と次郎冠者に留守番をたのむんだけど、壺に隠してある黒砂糖を

ふたりに食べられはしないかと心配で
 『この壺の中は附子=トリカブトの毒』だ。においを嗅いだだけでも
 死んでしまうからと脅してでかける。

しかし、つぼの中身に興味深々なふたりは、匂いを決して嗅がないように
扇であおぎながら覗きます。なにやら美味しそう!

こわごわ、なめてみると美味しい! なのに死にません。
ドンドン食べて、とうとう食べ尽くしてしまいます。
さあ、どうしよう。ふたりはトンチがきくので一計を案じて
主人が大切にしてる掛け軸を破ったり、大事なお茶碗を割ります。

さて、主人が帰ってきて、部屋の様子をみて怒ります。
ふたりは物凄い大泣きしながら、
相撲をとっていたら壊してしまって、責任を感じて死んでお詫びをしようと
猛毒の附子を目いっぱい食べたけれど死にきれなかったと言うのでした。

******************************
ヤブツバキ:赤と白が並んで静かに咲いてました。
e0111793_15364310.jpg

# by kasumi_em | 2007-01-17 14:00 | 笑う | Comments(13)

小正月

e0111793_2158576.jpg
e0111793_2201043.jpg


やっぱり好きな道
幼稚園に行く時に通る道

久しぶりの教室
『こんにちわ~! せんせい!』
まっかな顔して教室に飛び込んでくる。

『こんにちわあ^^ 元気やったあ? ○○くん!』
どこそこへ行った、指をけがした、ぜんざい食べた、、、、
あっちもこっちも、賑やかでした。

***********************************

きょう、15日は鏡開き
  (実は鏡開きは11日でした。^^;)
祭ってあった、お鏡を割って、おぜんざいにします。
長男は好きなんやけどな。
夫はお餅じゃなくて、ここに干しいもを入れるのが好き。
お袋の味、なんだって。
e0111793_22462427.jpg


女正月、とも言うらしい。
年末からずっと忙しかったお母さんに、ゆっくりしてね、って。
# by kasumi_em | 2007-01-15 22:54 | 仕事 | Comments(12)

穏やかな夕暮れ

e0111793_1505485.jpg


いつもはお布団に入ると即寝のわたし
昨夜はいろいろなことが次々と頭に浮かんで
とうとう4時までねむれませんでした。

起きだして、パソコン開けて
それから本読んで・・・・徹夜なんて久しぶり
今めちゃくちゃ眠い

明日から新学期
子供たちと元気に会うためにも
今夜は早めに休むとしよっ!

****************************

今夜も殊のほか、星が綺麗ですよ!
ちょっと外に出て見上げてください。^^
オリオン座がすぐ見て取れますよ。
# by kasumi_em | 2007-01-14 15:22 | Comments(8)

奇妙なできごと

以前にもあった。

半年くらい前だったかなあ。 ブログにも書いたけど
明け方に、突然、自宅の有線放送が大音響で鳴り始めた。

それがまた起きた。
今回は最大ボリュームではなかったけど
やっぱり自分が設定したチャンネルではない。

なんの影響なんだろう?
同じマンションの他家ではそんな話はきいたことない。

たまたまだろうけど
窓際の幸運を招く水晶の飾りが落ちていたの。

こんな不思議な事、昔ならなんかのたたり、とか言うんだろうな。

e0111793_10191362.jpg
# by kasumi_em | 2007-01-11 21:50 | Comments(0)

はじめの一歩

写真の通り はじめの第一歩だ。

なんか新しいことってドキドキするなあ。

きょうはTVも点けず、音楽も流さないでいる。
時計の時刻を刻む音、ベランダの金属の手すりが温度の変化に反応してか
ぽろん、こん、かん・・・と雨だれのような音を出してる。

パソコンがジージー
静かだと自分のこころの中が見えてくる気がする。

うまくいくかな?投稿の送信ボタンを押してみる。
# by kasumi_em | 2007-01-11 15:54 | Comments(2)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧