長崎⑤ 平和公園と原爆資料館

e0111793_1613911.jpg

  ↑ 平和祈念像
    右手は原爆を指し 左手は平和を 顔は目を伏せて犠牲者の冥福を祈る
    宗教に関係なく 眉間には仏像のような白ごう、 胸の筋肉は十字架を。
e0111793_16132182.jpg

  ↑ 平和の泉
    水を求めながら亡くなった原爆犠牲者の冥福と
    世界の平和を祈るように鳩が羽を広げた形の噴水
    左手前に平和の鐘が。軍需工場に借り出され犠牲になった学徒動員の
    学生や女子挺身隊の女学生の冥福を祈って建てられました。
e0111793_16133776.jpg

  ↑ ある少女の残した言葉が碑に彫られています。
           のどが乾いてたまりませんでした。
           水には油のようなものが一面 浮いていました。
           どうしても 水が欲しくて
           とうとう油の浮いたまま飲みました。

他にもヨーロッパの国々(ポーランド、ドイツ、オランダ、イタリア、ポルトガル等)
ソビエト 中国 ブラジルなどから 
贈られた像やモニュメントがあって 平和を願う祈りと憩いの公園になっています。

1945年8月9日 午前11時2分に原爆が投下されました。
威力は広島型の2倍だったそうです。
爆風は爆心地から1km離れている所の建物を一瞬に吹き飛ばし粉々にしました。
コンクリートの建物も潰れたり 大きく変形してました。

資料館にもたくさんの物が分かりやすく展示してありますが
爆心地から800m離れた‘山王神社の二の鳥居‘を見ましたが
爆風で半分に折られ一本足で今も立っています。

学校や神社のクスノキも焼けて残った根元から 新しい芽が出て
今も繁っています。
何もかも無くして 打ちひしがれた人々も このクスノキの生命力に元気をもらい
自分達も頑張って生きていこうと思ったことでしょう。


熱線も凄まじく 普通の火傷では考えられない被害で 皮がずるっと剥けて
骨や肉が見える程で 爆心地では一瞬で体が炭になってしまいました。

放射線で亡くなった人もあるし 生き延びても長く体を蝕みます。
資料館にあるビデオで被害者の生の声を聞くと 更に原爆の恐ろしさが
迫ってきました。

こんな恐ろしい原爆がなぜ投下されたのか?
アメリカは多くの開発費を費やして開発した原爆の威力を試してみたかった。
戦争が長引けば日本本土決戦になりアメリカ兵の犠牲者が多数でる。
日本に早く降伏させるため。
後にソビエトに優位に立つため。

長崎には三菱造船所や 兵器工場があるので標的にされたようです。
初めは京都も標的の一つだったそう。空襲の被害をあまり受けていないので
原爆の威力が分かりやすいとか。
広島に落とした原爆(ウラン)とは違う種類の爆弾(プルトニウム)です。

当時 人口24万人で 1/3の7万3884人が亡くなり あと7万4909人が
負傷したそうです。
今も世界には多くの核兵器があります。
原爆も水爆も 広島や長崎に落とされたのより数百倍もの威力のあるものも
あります。
核を保有するのにも費用がかかるし 常に核実験をせねばならないので
核軍縮はされてはいますが
核による鎧をまとう図式はいっこうになくなりません。

今日、新聞に日本の《非核三原則を見直し》の提言・・という見出しが。
自分で守らねばならないということは なんとなく理屈では分かるのですが
まさか核を使ってしまうという間違いが無いように
見ていかなければいけません。

戦争なんて ほんと馬鹿らしい。
平和な世界であってほしいです。
by kasumi_em | 2010-07-27 17:30 | 旅・ポタリング

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る