<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ルピナス など

e0111793_1663328.jpg

たくさん芽が出た ルピナスが咲き始めました。
狭いところで 押し合いながらで少しかわいそうかな。
結構 たくましい花なんですねぇ。


e0111793_16103332.jpg

蝋口が蕾を持ちました。^^
初め蔓の誘引をしようとしたら、ポキッと折ってしまったので、
もうそのままにしていたら、どんどん真っ直ぐに上に伸びて 1メートル程の高さになりました。
この子は 真っ直ぐが好きなのかな。

オベリスクを購入しようかとネットで見てますが
丸いのが良いのかなあ? それとも平たいの?


e0111793_1616963.jpg


e0111793_16163452.jpg

ワイルドストロベリーの実が赤く熟れてきました。
初め 花が萎れかけたら 摘み取ってました。
バカだなあ。。。摘み取ったら実が生らんわ(苦笑)


ところで、我が家の家電製品が バタバタとダメになってます。
少し前から調子が悪く自動温めができなくなってた電子レンジが ついに動かなくなりました。
ほんと困るw
どんなのにししょうかな
やっぱ、オーブン機能の充実したのがいいのかな?
今はオーブンレンジで調理できる機能がいっぱいついてるようだけど 果たして使うかな?
ローストチキンやケーキは焼きたいしなあ。。。


それから 魚焼き器が壊れた。

そして、洗濯機の乾燥機が動かくなくなった。
これは、昨日修理にきてもらって治ったからよかったよかった。
5年保証が切れるひと月前でした。^^;

ホットプレートの温度が上がりにくくなって
お好み焼きがパリッと焼けなくなった。
まだ買って5年。
ぶつぶつ言いながら焼いてたら、娘婿が新しいのを買ってくれることになりました。^^

使い方が荒いのかなあ~?

そんな訳で 今日はひとりパソコンの前におります。
by kasumi_em | 2013-04-27 16:29 | 風景・花 | Comments(14)

野の花

保育園の帰りに 堤防に咲く花を少し摘みました。

熱心に カラスノエンドウを見つめる いろは
e0111793_12441548.jpg


帰ってきて 玄関ドアの花瓶に挿しました。
ブルーの花は何かな? すーーーと3,40cm程伸びた茎の先に穂状に咲いてました。
e0111793_12462331.jpg


帰り道の自転車の前かごで
お花も 小鳥も ワンコも 電車も 気になるいろはです。

 
たまに ばあばの歌に合わせて 唄うことも~♪
さくら~さくら~♪
・・・ら~・・・ら~♪  「ら」だけばっちり合ってます。 かわいい^^


水曜日にまた 友達と着物でお出かけするのですが
刺繍のワンポイントの半襟を安価でゲットしました。
からすのえんどう柄。 柔らかい縮緬で肌触りいいです。
e0111793_1252238.jpg


今日、藤色の野の花を駅の近くで見つけて スマホで写したんだけど
ぼけぼけ^^;
上の花瓶に挿したのも 短くてはっきり写ってないので
わかりやすいようにと思ったんだけど。。。。。。(苦笑)
e0111793_23525636.jpg


松葉海蘭マツバウランのようです。
ブルーベリーさんのとこで同じようなの見て 検索して確認しました。

マツバウラン
by kasumi_em | 2013-04-22 12:52 | 季節を感じた | Comments(16)

こんな花が

ペチュニアと 寄せ植えしてた ハーブのような

ラムズイヤーのように なめらかな毛におおわれた
白っぽい緑の植物

色と姿が気に入って 園芸店で買ったのですが


先っぽが膨らんできてるなて
こんな花が咲きました。
e0111793_14274082.jpg


e0111793_0125539.jpg


なんて花? ハーブなんでしょうか?
エレモフィア・ニベアでした。(まろん より)


多肉にも 小さな花が
e0111793_0152191.jpg



昨年、枯れてしまって もうだめかと思っていた コデマリ
新芽が出てきて ちっちゃいながら花も付きました。
e0111793_016461.jpg

by kasumi_em | 2013-04-18 00:17 | 風景・花 | Comments(8)

覚書 筍と蕨の炊き込みご飯(あさり入り)

画像なし、家族に好評だったので
忘れないうちにメモ

◆材料4~5人分 米    3合
            筍    中1/2本位
            蕨    12本くらい適当
            人参   1/3~1/4本
            揚げ   1/2枚
            あさり水煮  1缶
            しめじ   好みで
           ・白だし   大匙3 (または薄口しょうゆ 大匙3+だしの素)
           ・酒     大匙3
           ・本みりん 大匙1.5 
           ・水 (あさりのだし汁と合わせて 3カップ)


◆作り方  ① 米はといで 水をきっておく
       
        
        ② 筍は小さくうすぎり、蕨はあくを抜いて2㎝長さに切る、人参も同じくらいの
          拍子木切 揚げは油を抜いて薄切り
          あさりの煮汁は貝殻から身をはずして、なるべく砂があるかもしれない
          ので布巾などで濾す       
        
        
        ③ 出汁(あさりの出汁と水) と調味料を入れた鍋で 
           ②の材料を下煮する(10分くらい適当) 
           火を消して味をなじませる

        
        ④ 炊飯器に③の煮汁だけを入れ 3合の目盛まで水を足す
           具を米の上に乗せて 普通に炊飯する
           炊き上がったら しゃもじで切るように混ぜて出来上がり 
by kasumi_em | 2013-04-17 23:15 | たべもの | Comments(0)

久しぶりです琵琶湖

土曜日、快晴
久しぶりに 琵琶湖に逢いたくて
自転車で山を越えて行ってきました。

山科まではこんな川沿いをすーいすい
e0111793_16524183.jpg




一里塚 家康が整備した1里ごとの道しるべ
e0111793_1652598.jpg
e0111793_16531323.jpg


やがて山道にさしかかる
e0111793_16554237.jpg


この山の中にトンネルを掘って 琵琶湖から京都まで水を引いたんですね。
すごい!
立坑の跡です。
e0111793_16571142.jpg


e0111793_16583739.jpg


山を越えたら浜大津
琵琶湖です!
e0111793_16592685.jpg
e0111793_170308.jpg
e0111793_1711759.jpg

e0111793_17253141.jpg


三井寺の近くにある長良公園の一角に
夭折の画家 三橋節子さんの美術館があることを思い出して行ってみました。
e0111793_1744128.jpg


段々畑のように 上へ上へと公園が広がっていて
暖かい日だったので 家族連れやグループがシートに座ってお弁当を食べてました。
その一番上に美術館があります。

三橋節子さんは京都で育って
お父さんが京都大学農学部の教授だったこともあり
農学部の植物園の野草園が大好きでよく行ってたそうです。
美大を出て 結婚してからは大津の長良公園の近くに住まわれました。

しかし、肩に腫瘍ができて右腕を切断。
すぐに左手でデッサンをはじめて 4か月後には有名な‘三井の晩鐘‘など大作を描きました。

やがて肺にも転移して
幼い二人の子供(草まお君となずなちゃん)を残して天に召されてしまいました。
愛と哀しみにあふれた美しくも迫力のある作品に感動しました。

どの作品にも三橋節子さんの大好きだった山野草の緻密で美しい絵で溢れていました。

私は宮沢賢治の 「おきなそうの星」を絵にしたのが
色といいとっても気に入りました。
e0111793_2255093.jpg
e0111793_226034.jpg
e0111793_226970.jpg

滋賀の民話をもとに描いた「余呉の天女」 
  自分が天国に行って こどもを見守ってるような
e0111793_12195680.jpg


滋賀報知新聞より
by kasumi_em | 2013-04-15 00:42 | 旅・ポタリング | Comments(10)

これは どういう意味だ?

e0111793_1142043.jpg


父から 実家でとれた貯蔵ミカン、ネーブル、レモン、文旦が 届きました。
左の白いビニール袋の中の黒いものは
ワカメ
海に行って 刈り取ってきたのを さっと湯がいて乾燥させた‘自家製ワカメ‘
たっぷり入ってました。


箱を開けたら、一番上に わら半紙に手紙があって
その下に
庭の桜の枝と 菜の花と 紫色の大根の花のような野の花が
入れてありました。

櫻はもうほとんど花びらが散って ちらほら数輪ついてるのみ
なんで? こんな櫻の枝を入れてあるのかなあ?

実家の裏庭には私が小さかった頃に植えた桜の木が3本あるんですが
もう、こんなに散ったよ! てこと?
ん~~深い意味とか 何かの詩に掛けてるのかなあ?

花瓶に挿したらちょっと元気になりました。
e0111793_11555080.jpg


そして、きのうイチゴ大福をつくりました。
e0111793_11563583.jpg



以前に作ったときのことさんのレシピをまた載せさせてくださいね。
e0111793_23524749.jpg


イチゴがでかかったので、この分量で10個できました。
今回は、甘さ控え目で砂糖は30g
白玉粉を600w2分→こねる、もう一度2分→こねる 30秒→こねるで皮ができる。
今回、イチゴが大きくて少々水っぽかった。 ちょっとさっぱりし過ぎ
失敗でした。^^;

あーーーーっ!
今、気づいた
イチゴ大福を作るのに 「白玉粉」じゃなくて 「上新粉」で作ってしまった。
どうりで ふんわり感がなかったんや~
by kasumi_em | 2013-04-10 12:01 | たべもの | Comments(10)

季節のもの

なんでも季節のものは 美味しいです。

筍も もう朝掘りが出まわってます。
e0111793_17111766.jpg


どんな料理が好き?

新ワカメもあるので とりあえず若竹煮
煮物も天ぷらも、炒めても いいね。




この季節の好物 ほたるいか

富山産は値が張るけど、兵庫の日本海で獲れるのはお手頃
今日は198円で20杯のをゲット

湯がいてあるのを、酢味噌で食べるのが多いけど
今日はこれ
e0111793_17141658.jpg

菜花とのペペロンチーノ
ホタルイカの濃厚な味噌が良い味だしてる~♪


イチゴも路地のが安く出回るようになったから
前に、ことさんのブログで教えてもらった
イチゴ大福♪ 作ろう~

いずれにしても
季節のものは美味しいね!
by kasumi_em | 2013-04-05 17:17 | たべもの | Comments(10)

たなぼた? 

ん?
こんなのが届いたよ。
e0111793_15545894.jpg


ネットの光の会社を替えたときに
たまたま京都でキャンペーンをやってたらしい。

知らなかった~


ルピナスが花芽をもちました。
e0111793_15571562.jpg

手のひらのような葉っぱも どんどん大きくなって
赤ちゃんから 子供のてのひら位になってきました。

あまりにたくさん芽が出たので
植え替えたのは、育ちがわるくてまだ小さいままです。
ルピナスはやっぱり植え替えは苦手のようです。

発芽率はかなり優秀なので
来年は種を撒く 間隔を広くとらねばいけませんね。


e0111793_1603855.jpg


e0111793_1605917.jpg

ビオラが大盛りになってきたので 花がいっぱい咲いてるけど
半分の高さに切り戻しました。
花を玄関の小瓶にさしました。


そろそろ晩御飯の下ごしらえをして いろはを迎えにいかねば。
毎日、献立に悩みます。
これが食べたい! とか良い材料が手元にあるときはすぐ決まるんだけどね。

今夜はいろはがお泊りなので
前記事の返コメはまた明日かな?すみません。
by kasumi_em | 2013-04-04 16:03 | 生活 | Comments(6)

嵐山より 宇治だわぁ

藤右衛門さん邸の桜を堪能してから
帰りに嵐山をまわって帰りました。

e0111793_21032100.jpg


e0111793_224684.jpg


人がやたら多くて 走りにくいし ゆっくりした気分に浸れませんでした。
やっぱり宇治の方がのんびりで良いわぁ~~って思いました。
川は鴨川だわ


それから 
嵐山~木津川サイクリングロードを走って帰りました。
e0111793_2131464.jpg


その日は 朝、出勤前にいろはを保育園に送っていったんです。
だから子供乗せ用の電動自転車でした。

スピードは出ないし ゆっくりで。
広沢の池までは距離もかなりあったので、電動自転車の電気がもつのか少し心細かったんですが
なんとかなるだろう~っと
そこは いいかげんなkasumiさん^^;


サイクリングロードも電気を節約しようとロングモードで走ってました。
すれ違うロードバイクが シャーーーっと軽快な音で颯爽と気持ちよさそうに走っていきます。
う~~~~~~~~~


いかんいかん
ゆっくりを楽しもう~~~っと自分に言い聞かす




やがて
伏見にささしかかり、ほっとする
やっぱ ええよねえ
e0111793_2201111.jpg


そのあたりで 自転車の電源はついに 「0」となり
重いのなんのって(涙)

ひーひーペダルを漕いで
足はぱんぱん、筋肉痛になりましたとさ。
by kasumi_em | 2013-04-03 02:29 | 京都 | Comments(10)

佐野籐右衛門さんのお庭

一昨日 かねてから訪問したかった
桜守、第16代佐野藤右衛門さんのご自宅のある 植藤造園さんに行ってきました。
京都の西北 大覚寺や金閣寺方面にある 広沢の池の近くで
桜の咲くこの時期は私邸を無料で一般公開されてます。

京都の円山公園にある枝垂れ桜を育てられたことでも知られています。
代々、御室仁和寺の出入りの庭師であり、樹木医だそうです。
今では日本にとどまらず世界の作庭にも貢献されてます。

e0111793_137052.jpg


前庭には立派な枝垂れ桜がたくさん咲いて
花見をゆっくりできるように縁台が何客も置かれててました。

籐右衛門さんは下から見上げる櫻の美しさを
どの書物かに書いておられました。

e0111793_2441044.jpg


e0111793_157215.jpg


e0111793_1574058.jpg


e0111793_158224.jpg



ご自宅
e0111793_1402378.jpg


広い敷地にはたくさんの桜の苗木
e0111793_1414945.jpg


自然のまま
e0111793_1422517.jpg


たまたま 職人さん達に指導指示される 籐右衛門さんにであいました。
日焼けした顔でかくしゃくとされた方でした。

今頃は桜の名所になって タクシーが中まで乗り付けたり
無遠慮にふるまわれる方もあり
あくまでも個人の敷地のこと
忘れては困りますね。

16代 藤右衛門さんには 素晴らしい桜を見せて頂いたお礼を直接言えてよかったです。
by kasumi_em | 2013-04-03 01:59 | 京都 | Comments(10)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧