<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

桃から生まれた?

e0111793_15225125.jpg
e0111793_1523535.jpg

久しぶりに朝から雨で 涼しいです。
通勤途中にあるお菓子やさん
元は和菓子やさんだったけど 洋菓子も作っていて
この桃のケーキ? ケーキというか果物というかは 昨年関西テレビのある番組で
取り上げられてから人気で 仕事帰りに寄るといつも売り切れで
昨年は口に入りませんでした。

今日はたくさんあって買ってきて
ぱくぱく食べちゃいました。(笑)

下にスポンジとさっぱりしたカスタードクリームが敷いてあって
周りはぷるんぷるんの寒天です。
寒天というあたりが 元和菓子やさんですね。^^

娘が丁度帰ってきてるので、5日遅れのお誕生日のお祝いケーキということにしとこう。
お先に食べちゃったけど。(爆)
by kasumi_em | 2010-07-29 15:32 | たべもの | Comments(10)

長崎⑤ 平和公園と原爆資料館

e0111793_1613911.jpg

  ↑ 平和祈念像
    右手は原爆を指し 左手は平和を 顔は目を伏せて犠牲者の冥福を祈る
    宗教に関係なく 眉間には仏像のような白ごう、 胸の筋肉は十字架を。
e0111793_16132182.jpg

  ↑ 平和の泉
    水を求めながら亡くなった原爆犠牲者の冥福と
    世界の平和を祈るように鳩が羽を広げた形の噴水
    左手前に平和の鐘が。軍需工場に借り出され犠牲になった学徒動員の
    学生や女子挺身隊の女学生の冥福を祈って建てられました。
e0111793_16133776.jpg

  ↑ ある少女の残した言葉が碑に彫られています。
           のどが乾いてたまりませんでした。
           水には油のようなものが一面 浮いていました。
           どうしても 水が欲しくて
           とうとう油の浮いたまま飲みました。

他にもヨーロッパの国々(ポーランド、ドイツ、オランダ、イタリア、ポルトガル等)
ソビエト 中国 ブラジルなどから 
贈られた像やモニュメントがあって 平和を願う祈りと憩いの公園になっています。

1945年8月9日 午前11時2分に原爆が投下されました。
威力は広島型の2倍だったそうです。
爆風は爆心地から1km離れている所の建物を一瞬に吹き飛ばし粉々にしました。
コンクリートの建物も潰れたり 大きく変形してました。

資料館にもたくさんの物が分かりやすく展示してありますが
爆心地から800m離れた‘山王神社の二の鳥居‘を見ましたが
爆風で半分に折られ一本足で今も立っています。

学校や神社のクスノキも焼けて残った根元から 新しい芽が出て
今も繁っています。
何もかも無くして 打ちひしがれた人々も このクスノキの生命力に元気をもらい
自分達も頑張って生きていこうと思ったことでしょう。


熱線も凄まじく 普通の火傷では考えられない被害で 皮がずるっと剥けて
骨や肉が見える程で 爆心地では一瞬で体が炭になってしまいました。

放射線で亡くなった人もあるし 生き延びても長く体を蝕みます。
資料館にあるビデオで被害者の生の声を聞くと 更に原爆の恐ろしさが
迫ってきました。

こんな恐ろしい原爆がなぜ投下されたのか?
アメリカは多くの開発費を費やして開発した原爆の威力を試してみたかった。
戦争が長引けば日本本土決戦になりアメリカ兵の犠牲者が多数でる。
日本に早く降伏させるため。
後にソビエトに優位に立つため。

長崎には三菱造船所や 兵器工場があるので標的にされたようです。
初めは京都も標的の一つだったそう。空襲の被害をあまり受けていないので
原爆の威力が分かりやすいとか。
広島に落とした原爆(ウラン)とは違う種類の爆弾(プルトニウム)です。

当時 人口24万人で 1/3の7万3884人が亡くなり あと7万4909人が
負傷したそうです。
今も世界には多くの核兵器があります。
原爆も水爆も 広島や長崎に落とされたのより数百倍もの威力のあるものも
あります。
核を保有するのにも費用がかかるし 常に核実験をせねばならないので
核軍縮はされてはいますが
核による鎧をまとう図式はいっこうになくなりません。

今日、新聞に日本の《非核三原則を見直し》の提言・・という見出しが。
自分で守らねばならないということは なんとなく理屈では分かるのですが
まさか核を使ってしまうという間違いが無いように
見ていかなければいけません。

戦争なんて ほんと馬鹿らしい。
平和な世界であってほしいです。
by kasumi_em | 2010-07-27 17:30 | 旅・ポタリング

長崎④ グラバー園とチリンチリンアイス

まだ続いてます。^^;
スコットランドから長崎開港と同時に日本にやって来たグラバーは
若干21歳でグラバー商会を設立して、この南山手に住まいを建てました。

幕末の激動の時代に 志士達を陰で支え
薩摩藩士を幕府に秘密裏に英国留学をする手伝いをしたりしました。

グラバー邸には 隠し部屋(屋根裏)があって
しばしば龍馬達とも会談してたので いざというときは隠れ部屋を使ったのかも。
   ↓ のソテツは300年になるそうです。薩摩藩からのプレゼント。
e0111793_1352582.jpg

   ↓ 長崎港が見え むこうの山は稲佐山
          家の形はクローバーの形
e0111793_13595676.jpg

   ↓ なんでコインを放りこんであるんだろ?
e0111793_14285057.jpg


他にも 当時の貿易商の家や ドックハウスなどがここに移築されています。
家から見える港 や三菱造船所 や長崎の街など 良い眺めです。
e0111793_15523472.jpg

e0111793_14224954.jpg

   ↓は日本初の西洋レストラン 江戸時代の終わりにできた‘自由亭‘
           今はカフェになってます。
e0111793_14253011.jpg
 

丘を下りてきたところにある‘四海楼‘というチャンポン発祥の店で
チャンポンと皿ウドンをたのんで分けて食べました。
皿ウドンは着たら 箸でまず麺をバリバリ崩しながら 具と混ぜて食べるのだと
ガイドさんに教えてもらいました。
  全部 ピンボケです。^^; 焦って撮ってる(笑)
e0111793_14503290.jpge0111793_14504795.jpg













ちりんりりんアイスやさん が至る所でいはります。
おばあちゃんが多い。 アイスを薔薇の形にしてくれました。
e0111793_14524428.jpg
e0111793_1453387.jpg

by kasumi_em | 2010-07-27 14:53 | 旅・ポタリング | Comments(10)

真夏の長崎行 ③

二日目(19日・海の日)
夕方に宿舎のホテルに着いて、少し休んでから
ハウステンボスに出かけました。

今は経営者も変わってサービスが良くなってるようです。
17時以降 入場500円でした。
ここはオランダです。^^
  ↓ ホテルの部屋からの眺め
e0111793_104670.jpg
e0111793_1041956.jpg

ぶらぶらオランダの街を歩いて
パブでビールのんで      無料の
チェロの演奏を聞いたり、フラダンスみて、ミュージカルみて(笑)
パスタなぞ食べて帰りました。

運河があって 木々も繁ってるのでゆったりした町並みになってます。
チューリップや 薔薇の時期にまた来て見たいな。
 ↓ここに泊まりました。温泉好きなダンナのために 架け流し天然温泉のあるホテル
e0111793_10334551.jpg

翌日はハウステンボス出発で空港で降りられる 長崎観光バスのツアーに参加しました。
効率よく廻れるし ベテランのバスガイドさんのお話が楽しくて
いろいろ聞けて こういうのも面白いなって思いました。

参加者も平日ということもあり 14名でゆったり座れてよかった。
ハウステンボスって佐世保市ハウステンボス町だったのですね。
ここは大浦湾に浮かぶ大きな島で 
ついでに言うと長崎空港も6軒の住民が住む島だったのですね。
ガイドさんに聞きました。
大浦湾に沿って南下。 島影が美しく静かな海です。
さだまさしの島もチラッと写ってます。
e0111793_10214956.jpg

鯖腐らしの岩 やったかな?
大昔、鯖をかついで通ろうとしたら上に乗っかってる岩が落ちてきそうで
どうせなら落ちた後で通ったほうが安全と考えて
待ってる間に鯖が腐ってしまったんだとか
e0111793_10311211.jpg
 

《国宝 大浦天主堂》
キリシタンが多く 教会も多い長崎
ここ大浦天主堂は現存する日本最古の木造ゴシック様式の教会です。
正式には 《日本二十六聖殉教者天主堂
1597年2月に豊臣秀吉のキリスト教禁教令のよって捕らえられた
司祭や信者26名が京都から連れてこられ、長崎の西山で処刑されました。
長崎に着いた時には爪もはがされ拷問されていたとか。
教会はその処刑された西山に向かって建てられています。


入り口中央におられるマリア像は、日本に数多くのカクレキリシタン達がいたという
ビッグニュースが全世界に伝えられ、フランスからその記念に贈られてきたものだそうです。

ツアーなので教会の中を見る時間がなかったのが残念です。
両側のおみやげ物やさんを見ながら坂を上ると見えてきました。
e0111793_10513846.jpg

右側の三階建ての木造の建物は 神学校で古いものだそうです。
e0111793_10515945.jpg


天主堂の横から まだ坂を登ると 登りのエスカレーターがあって
長崎港を見下ろす山の上にあるグラバー邸に連れて行ってくれます。
龍馬たちの亀山社中とも交流があり
経済的に支えた貿易商グラバーさんのお家
by kasumi_em | 2010-07-23 21:21 | 旅・ポタリング | Comments(8)

真夏の長崎行 ②

長崎は16世紀にポルトガル船が来て以来 外に開かれた港で
江戸時代の鎖国時代もオランダと中国と交易が許されてました。

外国からの文化の入り口です。

長崎の街 特に原爆の被害が少なかった南のほうは
落ち着いた佇まいをみせて なんか懐かしいようなと感じたのは
石畳と路面電車のせいかもしれません。
e0111793_13455745.jpg

京都も30年くらいまえは路面電車が走ってました。
あの頃のほうが良かったな。
京都の電車がここ長崎でも使われているのだとか。上の写真の色は京都のに似てる。


龍馬大好きなダンナに引っ張られて 歩き回りましたわ。

まちなか資料館」は たくさんの資料が集められていて 
展示品や 亀山社中からの昔の眺めの再現
龍馬の写真を撮った 日本人初のカメラマン彦馬のこと
龍馬達志士をサポートした お恵さんやグラバーさんのこと
なかなか良かったです。
  ↓「料亭花月 」・・江戸時代の長崎丸山の遊郭
           海援隊士や岩崎弥太郎など幕末の志士が訪れたらしい
e0111793_1431241.jpg


  ↓ 「オランダ坂」・・オランダ人街などへの石畳の坂道を言うが            
ここが最初のオランダ坂だと主張する手書きの看板があった
e0111793_14412571.jpg

こういった坂は方々にあるのだけれど 丸山の遊郭から出島への坂道はここだけか?

龍馬と後藤象二郎が会談し 意気投合した「清風亭跡
  それまで仲が悪かったのにこの会談以降 一緒に土佐海援隊を作って
  大政奉還を実現させた。

赤い竜宮門の「崇福寺そうふくじ」・・中国のお寺
  中華街もあり中国人も多い長崎で中国盆会では独特のお祭りがあります。
  長崎に潜伏していた長州の高杉晋作と龍馬が落ち合った。
e0111793_14564347.jpg


寺町をどんどん歩くと黄檗宗の興福寺がある。

龍馬がおこした日本初の商社 「亀山社中」への山道
e0111793_152203.jpg

小さな家だった。当時は港に停泊するたくさんの船が見えたらしいが今は建物で見えなかった。
ここは昔、亀山焼きをつくっていた窯の作業所でそこを借用して作ったとあります。
染付けの亀山焼きを龍馬は愛用したようです。

もっと登ると 亀山社中隊士 や薩長藩士が訪れた「若宮稲荷神社
ここには 有名な龍馬の像があります。
e0111793_1527519.jpge0111793_1528621.jpg














稲荷神社に行く道にあった 原生あじさい
e0111793_2124752.jpg


もう暑くて暑くて 
近藤長次郎 上野彦馬のお墓に行くのも もうええわ!
ということで山を下りて中島川のほとりにある 中華料理店でちゃんぽんを食べました。
ボリュームがあってびっくり!
野菜もたっぷりで美味しかったです。

中島川には たくさんの石橋が架かってますが
興福寺の二代目住職の命で架けられた 日本初の石橋「眼鏡橋
川面に映る様子が眼鏡に見えるので眼鏡橋と呼ばれるようになりました。
e0111793_16105097.jpg

e0111793_16141384.jpg

なかなか風情があります。

このあたりは古い町並みで 良い感じです。
橋のたもと近くにも べっ甲専門店があり作業風景が見られました。
  ↓べっこう店の古い看板
e0111793_15592957.jpg


翌日は初体験の バスツアーに参加することにして申し込みました。
昨年までは「原爆資料館」へ立ち寄ってたのが、今年は龍馬ブームで
「長崎歴史博物館 りょうま伝館」に変更になってました。

それで お昼を食べてから 「原爆資料館」へ
by kasumi_em | 2010-07-23 15:11 | 旅・ポタリング | Comments(6)

真夏の長崎行 ①

梅雨が明けたら ものすごい暑さですね。
みなさん耐えてますかぁ?

京都は昨日は37.4度
体温より高いです。アスファルトの道を日中 走ると・・想像できますでしょ。^^;

そんな時にエアコンが故障してしまいました。(大汗)

長崎も良いお天気で 猛烈な暑さでした。
日曜日の夕方に出発して 火曜日の夜に帰ってきました。
まず長崎駅で龍馬に
いえいえ、福山雅治に迎えられました。(笑)
e0111793_9302411.jpg

長崎での撮影時の大きな写真がいっぱいで
龍馬というか 福山一色ですねぇ

長崎は坂の街 とは聞いていたけれど
ほんに山の上の上まで ぎっしり家が建ってます。
   ↓ 形の良い山、稲佐山の中腹のホテルの部屋からの眺め
e0111793_10115210.jpg

道も狭くて車も入れないようで ひたすら歩いて登る
だから長崎のお年寄りは全国一足腰が強く 子どもは自転車に乗れないとか。
e0111793_1084497.jpg

夜景と ちょうど花火大会があって 部屋から見えました。
e0111793_957507.jpg
e0111793_958966.jpg

晩御飯の後、ウイスキーでも飲みながらのんびりしました。
翌日はひとつの目的
坂本龍馬の長崎での足跡をたどります。
by kasumi_em | 2010-07-23 10:13 | 旅・ポタリング | Comments(4)

ブルースターと大工仕事

e0111793_939387.jpg


e0111793_16161172.jpg

ブルースター (別名オキシペタルム)
水色の星型で ベルベットのような質感で ブライダルの花束にも人気があるそうです。
しぼむとピンクになる。
背丈が高いので寄せ植えの後ろに植えてるけど 
もう少し大きくなったら支えが要りそう。

ここんとこ 梅雨明けが近いのか 毎日午後には雷が鳴って
風も強くふいてざっときそうな感じ。
大きな音がして消防自動車が走ってる。どこかに落ちたな。

それにしても、ほうぼうで豪雨の被害が出てますね。
お気の毒です。 これ以上被害が大きくなりませんように。

京都も上流でたくさん降って、鴨川の水がいつも走ってる道も飲み込んで
濁流になっています。

*****************************************************
先々月くらいから 取り掛かっていたエアコンの室外機カバー
形は出来上がっていて 今日はペンキ塗りをしようと
グラインダーで磨いたんですが、雷さんがゴロゴロ鳴ってるので様子見です。
   ↓ こんな感じ 側面には小さな飾り棚と ジョウロやスコップなど道具を
             掛ける用のアイアンフックを付けようと考えてます。
e0111793_15502861.jpg


   ↓ 前から見たら ルーバーの具合が分かりますね。
              熱風が植物の方に来ない向きにしました。
              ほぞ穴を掘るのが一苦労でした。
              おかげで 熱風が洗濯物の方に行ってよく乾いてくれます。
e0111793_15534669.jpg


大工道具も DIYですから名前も聞いたことないメーカーのが増えてきました。
技術が無いから ほんとは道具は良いものにしたほうがいいのかもしれませんね。
  ↓ 前から持っていたドリルドライバー と 電動ジグソー
e0111793_1603962.jpge0111793_1605538.jpg










そして、玄関のたたきを新しくタイルにしようと無謀な計画のもと
今回 購入したいろんなディスクの付いたオールマイティなグラインダー
e0111793_1634315.jpg

箱が破損してるから めちゃお得で買ったけど ちゃんと使い物になるかなぁ?
by kasumi_em | 2010-07-16 16:04 | 体験 | Comments(12)

海鮮丼 食べてきました~♪

すってんころん の翌日
足のひざも まあ曲げられるし 集合場所(京都駅)まで自転車を走らせてみて
駄目のようなら止めたらいいやろ、と軽い気持ちで出発。


お天気もまずまず 
朝は薄曇りやったけど 午後から晴れ

初めての参加で どんな人が 何人来るのかも不明
大阪や滋賀から参加されてる人もいた。
滋賀県草津から 集合場所の京都駅まで自転車で来られたご夫婦もいた。

途中から合流する人も加えて 総勢17名ほど
だいたい男女半々くらいだった。

8時50分 大阪に向けて出発 
街中は信号も多くて 長い列が 何度も分断される

十条から鴨川の道に下りてから快調に走る
この道は知らなかった。
e0111793_13131736.jpg


e0111793_11351366.jpg

そして 鴨川は桂川へと合流する
桂川サイクリングロード(嵐山~八幡・全長55km?)を嵐山と反対方向へ走る
e0111793_1317596.jpg
e0111793_13181488.jpg


  ↓ ここ御幸橋(京都府八幡市) がサイクリングロードの終点
    1名合流 トイレと休憩 休憩の度にお互い旅の話や自転車の話に花がさく
    この赤い御幸橋を渡って右折
e0111793_1321447.jpg

少し下手で 桂川、宇治川、木津川の三川が合流して 淀川となる。
淀川沿いの河川敷も 公園やゴルフ場になっていて 
広々として走りやすい。
土曜日なので 運動する人 家族とのんびり遊ぶ人 ゴルフする人いろいろ

ちょっと道なき道を 自転車を持ち上げて淀川河川敷に下りていく
e0111793_1326447.jpg

  ↓左端の男性 なんと82歳。 すごい~!時速20kmにしっかり付いてこられた。
e0111793_13295011.jpg


  あ!! 大阪の街のビル群がみえてきた!
e0111793_13321463.jpg

  この桜並木を越えたら終点の天満橋だ
  大阪も川が多くていいな
e0111793_13461327.jpg


12時過ぎ到着 京都駅から55km(50kmでした^^;)
海鮮丼 刺身が太くて食べにくいけど美味しかった。
隣に座った男性は丼をたのんだら あなごが2尾~でかい!
e0111793_13521439.jpge0111793_13523898.jpg










満腹まんぞく
美味しいコーヒーやさんにも連れて行ってもらって
そこで また談笑
e0111793_135721100.jpg

私は 帰りは自転車を電車に乗せて(輪行) 帰ったけど
大方の人達は また来た道を京都まで自転車で帰ったよ
すごいわ
e0111793_1181837.jpg

参加者は50代はわずかで 60代が多かった。
みなさん初めての私にも気軽に話しかけてくれる。

同じ折り畳み自転車BD-1が3台 
その方達がG○B○CCというサイクリングクラブを作っていてツアーを計画するからとお誘いを受けた。
しかし じじばばサイクリングクラブの略称だったとは(笑)
ばばに半分足を突っ込みかけてはいるけどねぇ

いつも一人で走って気楽ではあるけど
たまにはこういうツーも楽しいね。
50kmが短く感じたわ。
by kasumi_em | 2010-07-12 12:49 | 旅・ポタリング | Comments(12)

どんくさい のは鳩? それとも私?

今日は天気予報が当たりました。
午後から雨(50%)

仕事が終わって出てみたら雨だった。
息子のところに届け物する約束したから 合羽着ていきました。

川端通り三条から 鴨川の道に降りたところで
まだ若い鳩が 道を横切ろうとしてました。
渡るなら さっさと渡れば良いのに
ちょっと躊躇して 渡り始めたはいいけど のろい。

あ~~っ!
鳩を避けようと ハンドル切ったら すべってこけた。
前かごに重い荷物を積んでたからか?

石畳の道に体が放りだされて 車に轢かれたカエルのような姿の私。
雨の日で人が少なくてよかったぁ

左のひじ、ひざ 打撲 すりきず。
明日、「 大阪天六まで 美味い海鮮丼を 食べに行こうツーリング 」に参加できるかしら?

昨日、初めての自転車ツアーを申し込みに行ったら
土曜日に こんなツーリングがあるので良かったらどうぞ、と誘ってくださって。

雨の日は気をつけよう。

e0111793_1601995.jpg

  カメラを持ってなくて 携帯でこそこそ急いでカウンターの右半分を撮った。
  
息子のところの近くにある 手打ち生パスタのお店
一度 行ってみたく寄ってきました。
良い歯ごたえ に 良いお味。

テーブルがいっぱいだったので カウンターに座ったんだけど
それが正解で 雨に濡れた坪庭がカウンターの向こうに見れて
窓辺に並べた ワイングラスや 水差しなどの ガラスにみずみずしい緑が
が映って 光が柔らかく反射して 
なんとも落ち着く空間だった。
by kasumi_em | 2010-07-09 16:02 | 生活 | Comments(10)

薔薇が再生した

e0111793_16484574.jpg

春に ミニばらが うどん粉病になって 駄目になってしまった。
花も葉っぱも全部刈り取って 水だけやってたら
新しい葉が出て つぼみを付けたと思ったら つぎつぎ開花しました!!
うれしい~。^^
by kasumi_em | 2010-07-05 16:51 | 風景・花 | Comments(9)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧