カテゴリ:山( 19 )

雪野山散策

台風の被害が島根で出てますね。
夜になって九州で大雨による被害のニュースです。心配です。

姉が東京の病院に入院したので、一人になった父の様子を見てきて、今は京都に帰るバスの中です。

昨日は、父の90歳の誕生日でした。
ひ孫達からのお祝いの電話 嬉しそうでした。

さて、先日の山の記事を書いておこう。
雪野山といっても 雪がある訳ではなく
滋賀県にある300m程の山です。

さすが、滋賀県です。
少し山に分け入ると自然がいっぱいです。
e0111793_15042921.jpg


e0111793_15043033.jpg


e0111793_15043115.jpg


小さな山の上には、いくつも城跡や 古墳跡があって それらを縦走しました。

向こうに見える山にこれから登って行きます。一旦下って、また登りです。
e0111793_15043192.jpg


木々の間から 1月に登った、琵琶湖畔の三上山(近江富士)が うっすら見えてます。
e0111793_15043214.jpg


雪野山 頂上でお昼ごはん
もちろんコーヒーも沸かしました。
2月から参加し始めた友達が作ってきてくれる 「べんり酢」のピクルスがさっぱりして美味しい。ミニトマト、カブ、キュウリ、ミョウガ、セロリもいける。
e0111793_15043377.jpg


ゆっくり1時間以上 休んで
山を下りると 古い神社の苔むした石段が
朝方の雨に濡れて、滑るすべる。
足に余計な力が入って、翌日は筋肉痛でした。
怖いので、石段の横の 落ち葉の上を歩きました。
e0111793_15043332.jpg


下へ下りたら 雪野山古墳群の公園があって
一つの一番古いのには、中まで入る事が出来ました。
4世紀だったか?豪族の古墳跡です。
何年か前に見つかったらしい。
e0111793_15043447.jpg


e0111793_15043536.jpg


古い蔵のある 大きな家が多かった道


そして、田んぼの一本道
e0111793_15043519.jpg


車で 道の駅まで移動して、
美味しいジェラートを食べました。
私は地元の畜産農家のミルクと完熟柿のジェラートにしました。
甘いのがたくさん食べられない私でも、とても美味しかったです。

そして、野菜や花を買ってから
滋賀県には ちょこちょこある
天然温泉のお湯に 入って
さっぱりして帰りました。

今回も楽しい山でした。



by kasumi_em | 2017-07-05 14:25 | | Comments(10)

比叡山〜瓜生山②

お昼ご飯を食べて 頂上から下りは
登ったのと違う道を
つづれ織りに下りて来たとこ
e0111793_20341974.jpg

山の名前や建物の名前を教えて頂いてます。

山ツツジのあるビュースポット
向こうは大原辺りです。
手前の山は通称 おっぱい山だそう。
e0111793_20341992.jpg


頭上をロープウェイが下りて行きます。
e0111793_20342009.jpg


水飲み対陣跡まで
来た道を下りて
私達は 瓜生山のある方へ
同行の男性は修行道でもある 赤山禅院の方へ
e0111793_08381458.jpg


こういう案内がポイントポイントにあって、まず迷う事はありません 。

瓜生山まで は 小川を渡ったり、
e0111793_08381546.jpg

小さなアップダウンはいくつかありますが、ほぼ長く続く尾根道です。

e0111793_08381572.jpg


が、
しかし、

途中の案内に 予定外の山「てんこ山」の表記があるのを見て
距離も500m程だし行ってみようという話になりました。

あまり人が入って無い様で、道がわかりづらい。
と、木の枝に巻いた黄色いテープを発見。

テープを辿っていくと
e0111793_08381634.jpg

ありました。
城跡というには、余りに狭い場所です。

マウンテンバイクのお兄さんに出合いました。ここは人もほとんど居なくて
山道を走るのには うってつけの様です。

元の道に戻ろうと
引き返しましたが、分岐の黄色いテープを見逃して、だいぶ進んでしまったのですが
しっかりした道で、なんとなく元の尾根道に出そうな感じの道です。

どんどん谷を下りる感じになって来て
e0111793_08381710.jpg

これはおかしい!
下界には下りるかも知れないけれど
結構、難儀しそう。(汗)

だいぶ下りた坂道を戻る事にしました。
ふ〜〜
キツっ!

てんこ山の近くまで戻ったら、また
さっきのお兄さんに会いました。
テープの場所聞いたら
私達はここ辺りの事をよく知っていて探検してるんだと思って見ていたらしいです。(笑)

いやいや、道に迷っていたのです。(苦笑)

変と感じたら引き返す
これは鉄則です。

ちょっと冒険し過ぎました。

そして、
やっと瓜生山に到着しました。

ここには白川愛好会の看板とお地蔵さんがあるだけで三角点はありませんでした。
ここは、祇園祭の神様が最初に祀られた場所だそうで、
その神様が胡瓜が好物だったので
瓜生山という名前が付いたとか。

祇園さんの氏子は七月の祇園祭の間は
胡瓜を食べないそうです。


京都トレイルから外れて一乗寺に下りる事にしました。
それは、
一乗寺に美味しいプリン屋さんがあるので。


地図通りに下りた積もりが
一乗寺には行かず
京都造形芸術大のキャンパスに下りてしまいました。
何処でどう間違えたのか分かりません。

プリンにはあり付けませんでしたが、
おしゃれなカフェで一息ついて帰りましたよ。

39000歩 よく歩きました。

出会った花
e0111793_13045860.jpg




by kasumi_em | 2017-05-31 20:23 | | Comments(8)

霊峰 比叡山〜瓜生山①

先日の日曜日は快晴 気温も25度(低地)
この季節の日曜日はハイキングに出かける老若男女が電車に大勢いました。

比叡山に登るルートはいくつもあります。
昨年は滋賀県坂本から登りました。


今回は京都側から
雲母坂(きらら坂)のコースです。
叡山電車で修学院まで行って
音羽川沿いを遡ります。
後ろに見えるのが、京都側からの比叡山です。848m
e0111793_13565173.jpg



登山口の「きらら橋」を渡ると
いきなり急坂です。
e0111793_13565121.jpg


きららとは、石に含まれる雲母が日の光で
キラキラ光るから。
この比叡山あたりは花崗岩で出来ています。
e0111793_13565290.jpg




花崗岩が長年の雨風に侵食されてます。
溝の様に狭い
楽しい〜
汗が吹き出します。
e0111793_13565303.jpg



9歳の親鸞が勉学の為に比叡山に登った古道です。
政府の勅使が通った古い道です。


30分ほど登ると 尾根道に出てほっとしますね〜
e0111793_13565383.jpg



「水飲み対陣跡」に着きました。ここは後醍醐天皇軍と足利氏が戦をし、天皇側の千種何某が戦死した場所

水飲み、そばに音羽川が流れてるのでしょう 水の音がします。

e0111793_13565494.jpg


すぐ上にある ビュースポット
岩倉盆地と宝ヶ池が見えて、向こうの山は愛宕山
e0111793_13565577.jpg


お茶飲んで休憩していたら、年配の男性が来られて、京都山岳会の方で頂上まで同行する事になりました。

少し行くとお地蔵さんの後ろに
「浄刹結界跡」の標識があって
ここからは修行の区域です。

途中の碑の説明を聞いたりしながら
ここらは千日回峰行者が辿る行者道の一部らしいです。
e0111793_13565541.jpg



駐車場から 滋賀県側が見えます。
琵琶湖だ! 美しい!
e0111793_13565661.jpg


反対側は
琵琶湖の南 大津あたり
e0111793_13565648.jpg




駐車場横の道を登ると山頂
「大比叡」到着 !!


前に来た時は 誰も居なかったけど
今回はたくさんのグループが頂上に来てました。
ここでお昼ご飯を食べて
コーヒー沸かして
ゆっくりランチに 同行の男性も苦笑(^^)

これも楽しみに来てますからと言い訳をして、一緒にコーヒータイム。
美味しいって喜んでいただきましたが(苦笑)



さて、午後から
ロープウェイとケーブルで八瀬まで下りる事も出来ますが、
頑張って瓜生山方面へ歩いて下りていく事にしました。




by kasumi_em | 2017-05-29 12:52 | | Comments(10)

綿向山へ

先週の木曜日に滋賀県日野町にある
綿向山1110mに登ってきました。

2月に大雪で断念した山です。
春の新緑には 少し早かったけど
とても気持ちいい山でした。

9時登り始め
左は竜王山 右奥のが綿向山
e0111793_12132610.jpg



e0111793_12132753.jpg


山桜 やブナの新緑
美しい〜〜♪


綿向山の頂上に神社があります。
表参道をつづれ織りに クネクネ登ります。
e0111793_12132886.jpg

ここらは まだ新芽が出てませんでした。
根雪が残ってました。


五合目の眺め
e0111793_12132812.jpg


e0111793_12132849.jpg



七合目あたり
e0111793_12132943.jpg


最後の階段 きつーぃ
左の膝に最近違和感があって
やはり痛み始めました。
e0111793_12133043.jpg



やったー!
頂上到着
e0111793_12260436.jpg



もう最高の眺めです。
e0111793_12260429.jpg

360度のパノラマ
e0111793_12260584.jpg


e0111793_12260542.jpg


ほいで、頂上で 吹き上げる風を避けながら
ランチターイム♪
e0111793_12260611.jpg


午後は竜王山の方に下りて行きました。
e0111793_12290493.jpg



e0111793_12290436.jpg





e0111793_12260662.jpg


出会った花たち
マムシソウ(中段左)は 初めてだった。
e0111793_12260781.jpg

楽しい山登り
4月も行けました。
5月は何処行くかなぁ^^





by kasumi_em | 2017-05-01 11:48 | | Comments(12)

交野山森林公園 ②

幼稚園児も登る 交野山
ですが、坂は結構な急な山道でした。

頂上に近づくと 大きな岩が目立ってきて
岩には梵字が彫られてました。
e0111793_01583813.jpg

鎌倉時代には 頂上に岩倉開元寺が建てられてあったそうです。

20分程で 頂上に。
そこには絶景が広がってました。
e0111793_02002152.jpg



e0111793_01583905.jpg


e0111793_01584039.jpg

この岩は約8千万年前に地中深くで固まったマグマが地殻変動で 押し上げられたものです。長い年月で侵食されて このようになりました。

元旦には 初日の出を拝む市民でいっぱいになるとか。

少し下りたところに 荒神さんが
e0111793_01584095.jpg


e0111793_01584188.jpg


旗振山
e0111793_01584202.jpg


地図を頼りに
山道、竹やぶを進んで
e0111793_01584277.jpg


龍王山
e0111793_01584341.jpg


下って 「かいがけの道」
を通って帰りました。
e0111793_01584355.jpg

古代は修験道
奈良.平安時代は紀州熊野神社へ詣でる「熊野街道」だったそうです。

低山4つ
今回も楽しい山登りでした。

by kasumi_em | 2017-02-20 01:10 | | Comments(6)

交野山こうのさん森林公園 ①

2月になって ずっと雪が降ったり寒かったのに
一昨日は 気温がぐんと上がって15度
快晴に恵まれ、
ここ伏見区から近い 大阪 交野市(かたのし)にある交野山森林公園に行ってきました。

ほんとは滋賀県日野にある綿向山に登山の予定でしたが、雪が深くて 自信が無いので急遽変更しました。
樹氷の見える綿向山にも いずれは登れる様になりたいです。

今回の交野山森林公園はよく整備されいて
せせらぎの道、木漏れ日の道、見晴らしの道、さえずりの道、石仏の道など、歩ける様になっています。
自然たっぷりです。

私達は 一応、山登りが目的なので
素敵な道をハイキングしながら
国見山284m〜交野山341m〜旗振山345m〜龍王山321mを縦走で登ってきました。
e0111793_14003565.jpg



機物神社から 歩いて20分
源氏の滝
e0111793_14095183.jpg



せせらぎの道に入って
e0111793_12350932.jpg

「せせらぎ」と言うだけあって
小川の流れる 心地よい道です。

いきものふれあいセンターの横の
白旗池
e0111793_12350991.jpg

幼稚園の年長さんが遠足に来てました。
保母さんが 今、交野山に登ってきましたとおっしゃってました。

大阪環状自然歩道を通って
国見山へ

e0111793_12351095.jpg


e0111793_12351122.jpg

尾根道、冬枯れの木々、青い空
気持ちいい〜〜

国見山 到着
e0111793_12351159.jpg

見晴らしが良いですね。
霞んいなければ 明石海峡大橋から淡路島まで見えるとか。

出だしで時間取ったので
もうお昼ごはんにする事に。

e0111793_12394554.jpg


e0111793_12351204.jpg


お腹もいっぱいで
さあ、交野山へ
e0111793_12394631.jpg





by kasumi_em | 2017-02-18 11:37 | | Comments(8)

近江富士に登る

昨日は滋賀県 野洲市へ
琵琶湖に行けば 東側に 美しい形をした山が目に止まります。
近江富士と呼ばれる神様のいらっしゃる三上山に登ってきました。

e0111793_15253739.jpg


朝から雪が散らつき
朝方に降った雪も積もっていました。
どうしよう?
登るの無理かなぁ?
他に変更する山も思い浮かばず
とりあえず現地に行って様子を見て 雪が多かったり、風が強かったら 帰って来ましょう、という話になりました。

山道は雪も残ってましたが、土が見えている状態なので登り始めました。


e0111793_15253806.jpg


e0111793_15580225.jpg




e0111793_15580273.jpg


上から 次々下りて来る人に様子を尋ねると
大丈夫!
そんなフル装備なら心配要りませんよと聞いて少し安心しました。

滑らない様に ストックを突いて用心して一歩ずつ。

400m程の山ですが、後半の登りはかなり急で 息が弾みます。
e0111793_15580326.jpg


小一時間で 頂上
e0111793_15580305.jpg

反対側 三上神社の方から登って来た若いグループの人に写真を撮ってもらいました。

雪で琵琶湖は見えませんでした。
また、違う季節にチャレンジして
隣の山まで縦走したいです。

反対側には下りず
来た道を下りて
下の公園の東屋でお昼を食べました。
e0111793_15254039.jpg

寒いので お湯を沸かしてミニカップラーメンを作りました。
e0111793_15254181.jpg


e0111793_15254124.jpg

もちろん、デザートとコーヒーも忘れません。

雪で遊んでみました。
e0111793_15580463.jpg


e0111793_16040129.jpg



帰る頃には、晴れて青空になりました。
一月 初雪山 無事終了
毎月 一山目標ですが、どうなるかな。
e0111793_15580557.jpg


by kasumi_em | 2017-01-22 15:04 | | Comments(10)

吉田山→大文字山→南禅寺→蹴上②

e0111793_14194935.jpg


南禅寺
鐘堂から 疏水の水路閣のとこに下りてきました。
すごい観光客にびっくりです。ウヨウヨ。

でも、紅葉が綺麗ですねー。
e0111793_14195034.jpg



e0111793_14195000.jpg


蹴上の方に下りたら
「日向大神宮」を通るはずでした。
同行者がお参りしたいという事で
蹴上から インクラインの下を抜ける「ねじりマンボ」通って、日向大神宮へ
e0111793_14195193.jpg

ここは伊勢神宮と同じで 外宮と内宮があります。
e0111793_14195240.jpg


e0111793_14195375.jpg


よく歩きました。
距離 17キロ
27000歩
登った階数 119階
by kasumi_em | 2016-11-16 14:03 | | Comments(6)

吉田山〜大文字山〜南禅寺〜蹴上①

絶好の行楽日和となった土日
日曜日は 京都の「大文字送り火」で知られてる大文字山に登ってきました。

市民に愛され、幼稚園児も遠足に行く様な 街中からすぐに登れて 眺め最高な山です。
たくさんの登山者です。

いろんな登り道がありますが、
今回は一番初心者向けの 銀閣寺下から登りました。

まずは、出町柳駅で降りて
京都大学へ そこから節分の豆まきで有名な
吉田神社のある吉田山(106m程) へ
e0111793_22480362.jpg

頂上付近に カフェ「茂庵」があります。

そこから「竹中稲荷神社」を通って
「真如堂」へ
e0111793_22480359.jpg



e0111793_22480475.jpg

裏門から白川通りに出て 「銀閣寺」へ

銀閣寺から左折して いよいよ大文字山へ


e0111793_22480558.jpg


初め、結構キツイ段だん道が続きます。
e0111793_22480640.jpg


40分程で 大文字の 大の字の中心部分に到着。
この十文字の石の上に焚き木を組んで
火を点けるのです。
e0111793_22480787.jpg

京都市が一望できます。
後ろのグリーンの帯(顔の横ら辺)が さっき登った「吉田山」
その向こうの 広いグリーンが「京都御苑」
南から北 そして西の山まで見渡せます。
五山の送り火の 全部が見て取れます。

あれが下鴨神社 その北が植物園
南は京都タワー
霞んでなければ大阪のアベノハルカスも見えるらしいです。

ここで、お昼ご飯食べました。
コーヒーも持っていきましたよ。

ここは大文字の大の字の一番てっぺん
e0111793_22480822.jpg


さてさて、頂上を目指します。
30分程で頂上に到着
大文字山466m

たくさんの登山者が風景を眺めたりお弁当食べたりしています。
小さな子供さん連れも多いです。
e0111793_22480936.jpg


ここから下りです。
蹴上に下りるか、はたまた山科の毘沙門堂か 南禅寺へ下りるか迷うけど
比較的 一般的で道がわかりやすい蹴上に下りる事にしました。

こんな根っこ道
e0111793_22480981.jpg


尾根は楽で 気持ちいい
e0111793_22481047.jpg


京都一周トレイルという道案内があるんですが、
e0111793_14002949.jpg


どこで間違えたのか? なんだか寂しくなって 「こちら南禅寺」という案内が、、、、。

引き返すのも 坂道登るので嫌なので
そのまま下りて、南禅寺到着。
それまでの山道と違って すごい人出です。

続く


by kasumi_em | 2016-11-15 21:14 | | Comments(2)

先週の山登りから1週間が経ってしまいました。
記録のために記事にしておこう。

今回もお隣の滋賀県の低山です。
琵琶湖の東 側、近江八幡の
琵琶湖のほとりにある長命寺〜奥島山(424.7m)

車で長命寺港まで行って
いきなり808段の石段です。

e0111793_13433673.jpg


e0111793_13433713.jpg


フーフー 息が上がります。

e0111793_18321274.jpg

長命寺

三重塔と本堂
お参りして
奥島山目指します。

e0111793_13433847.jpg


この白い花がたくさん咲いてました。
e0111793_19325793.jpg


ムラサキシキブの原種かな?
e0111793_19325850.jpg





奥島山到着
岩が多い場所です。
e0111793_13434209.jpg


e0111793_19325959.jpg


お昼を頂上近くで
e0111793_19590810.jpg


スィートポテトも焼いて、コーヒーのお供に持って行きました。
寒いくらいだったので、あったかい飲み物が有り難かったです。



少し行くと 開けた所から琵琶湖が見えました。
お天気が良くなかったので
青い琵琶湖 や向こうの比良山系はくっきりは見えず。
e0111793_19330172.jpg

でも、肉眼では美しかったです。

e0111793_19330250.jpg



下山して、下道で 元庄屋さんらしい大きなお屋敷と柿の木が秋らしかった。
e0111793_19330230.jpg


車まで歩いて、近くの銭湯に入って帰りました。


by kasumi_em | 2016-11-05 20:51 | | Comments(7)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧