カテゴリ:映画・コンサート・美術鑑賞( 45 )

シャンソン聴きに

友達も出演するシャンソンフェスに行ってきました。
行く前に 少しお腹が空いたので
近くのカフェで腹ごしらえ
e0111793_02283354.jpg

ホタテとエビと きのこのパスタ

生バンドとシャンソン
愛や人生の喜び 哀しみの唄ですが
珍しく、
加藤和彦の「悲しくてやりきれない」を聞かせてもらい 心に響きました。

また、ゲストに北原ミレイさんが出演され
「石狩挽歌」
「ざんげの値打ちもない」懐かしいうたでした。
他にシャンソンも若い頃は歌われてたそうで「愛の賛歌」など唄われました。

皆さん ドレスが素敵でした。
品のあるおしゃれで タイトなのが多かったです。
お金かかってるって感じ(笑)

by kasumi_em | 2017-04-24 01:46 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(6)

チャリティコンサートの前にランチ

先日の暖かくなった日に 友人がチャリティコンサートをしたので行ってきました。
世界中の貧しい女性と子供のために。

17曲もの 素敵な歌を 生バンドで唄い
贅沢なひと時でした。

コンサートの前に京都御苑の南側にある
プチレストランでランチしました。
e0111793_21573363.jpg


e0111793_21573317.jpg

e0111793_21573324.jpg

車海老のクリームコロッケ、ハンバーグ、ヒレカツは小さめにして
その代り カニクリームコロッケを付けてもらいました。
e0111793_21573401.jpg

e0111793_21573457.jpg

美味しかったです。満腹満腹。

コンサートの会場まで 京都御苑の中を歩いて行きました。
梅がよーく咲いてました。
e0111793_21573501.jpg

e0111793_21573564.jpg

e0111793_21573634.jpg

e0111793_21573622.jpg




by kasumi_em | 2016-03-11 21:43 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(4)

シャンソンのライヴ

シャンソン歌手の友達が素敵な仲間と唄うのでライヴハウスに行って来ました。

e0111793_21000765.jpg


e0111793_23264325.jpg



力強く透明感のある声
少しハスキーな声
大きな体のフランス人は アンニュイな優しい唄え声
それぞれが個性的でとても楽しかったです。

黒ビールと ワインをいただきながら
生演奏は最高やな

もう街にはイルミネーションが
e0111793_21000822.jpg




フランス人の歌い方が ボサノバのアストラッド ジルベルトに似てたので
帰ってきて聴きたくなった。

でも、彼女のMDは処分してしまったのだった。
急いでアマ○ンで 一枚ベスト版を購入した。

by kasumi_em | 2015-11-27 20:47 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(12)

ジャズ クルーズ

先日 琵琶湖でジャズ祭があって
琵琶湖の遊覧船に乗って
ジャズを楽しみました。

e0111793_16540533.jpg


e0111793_16540690.jpg


滋賀在住のトランペッターと
ピアノ、ウッドベース、ドラム
そして男性ボーカルの取り合わせで
ロマンティックな曲が多かったです。

by kasumi_em | 2015-10-24 16:44 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(6)

歌舞伎もなかなか

関東地方は水害やら地震やら
ほんまにびっくりする
大きな災害水害で大変な事態ですね。
早く元の生活が戻りますように。。。

うちのマンションでも昨今 防災について
話し合っています。


ところで、私はといえば
昨日は 南座へ歌舞伎を観に行ってきました。
e0111793_13143228.jpg


中村獅童さん 肝いりの新作歌舞伎
「あらしのよるに」という絵本をもとにした歌舞伎です。

本来、喰う狼と 喰われる羊の
友情のお話です。
e0111793_13143242.jpg


背景の大道具も
衣装や小道具も演劇風で
それは苦心されてました。

もちろん、歌舞伎の様式美あり
身のこなし 隈取り 見栄を切る

客席とのやりとり
お囃子とのやりとり
渾身の作品だけあって
情熱が伝わる素晴らしいたのしい面白い
歌舞伎でした。

狼 ガブ役の獅童さんのセリフ
「⚪️⚪️⚪️で やんす。」
が耳に残って
友達に送るメールも でやんす調になってるでやんす。(笑)

これから友人のコーラスを聞きに行ってきます。
電車の中で投稿中
by kasumi_em | 2015-09-12 13:00 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(4)

シャンソン&シャンソン

雪が降ったり寒い日が続いてます。

先週は京都祇園にある甲部歌舞練場で
加藤登紀子さんのデビュー50周年の
ほろ酔いコンサートがあり行ってきました。
e0111793_23145918.jpg

e0111793_2315081.jpg

e0111793_2315194.jpg


71歳 お元気で
トークも楽しかったです。
開演前に振る舞い酒もありました。
e0111793_2315172.jpg

e0111793_2315239.jpg


団塊の世代が多かったかな
一緒に歌ったり自由に舞台の前まで
行く様子が面白かったです。


そして、昨夜は友人でシャンソン歌手の
クリスマスコンサートがあり行ってきました。
こちらはフレンチのフルコース付きです。
美味しいお料理に美味しいお酒

一番のご馳走はエミさんの唄
e0111793_2315237.jpg

彼女の歌声は素晴らしい
楽しい時間でした。
by kasumi_em | 2014-12-22 22:58 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(8)

写真展とランチ

フランスのロベール ドアノーの写真展が四条通りにある現代美術館(何必館かひつかん)でありました。
e0111793_2333790.jpg

e0111793_233388.jpg


街中なのに 別空間の落ち着いた とても素敵な美術館です。
オーナーの方が 彼に惚れ込んで 何度も写真展を開いています。

ウィットのあるしゃれた 市井の人々の写真でした。

戦前戦後の時期 
今みたいにデジカメじゃない カラーでもない時代
彼はいつも 街の人の中に自然に あたりまえに人々と いて
その一瞬をとらえる目を持っていました。


美術館の4階には吹き抜けの間があって
箱庭に小さな日本庭園
青空に紅葉と苔庭 そこにはソファがあって 風を感じながら休憩できるようになってました。


写真館賞のあとは
祇園の花見小路からちょっと入ったところにあるフレンチに連れていってもらいました。
e0111793_2333996.jpg

e0111793_2333915.jpg


カウンターに6席ほどのかわいいお店
シェフがひとりで切り盛りされてますが その日の新鮮な魚とお肉と野菜の料理
手ごろでとても美味しかったです。

これで2千円弱でした。
e0111793_2334081.jpg

サラダには乾燥イチジクや キノコ フルーツも入ってました。
e0111793_2334178.jpg

安納芋に生姜がちょっと効いたスープ
e0111793_2334217.jpg

豚肉ソテー ソースが美味しい
e0111793_2334221.jpg

by kasumi_em | 2014-11-21 22:53 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(4)

お登紀さん と すっぽん

今日は5月だというのに 京都市は33.6度の暑さでした。
たまらん暑さです。

ところで先日、加藤登紀子さんのライブに行ってきました。
70歳になり ますます味わい深いシャンソン

エリット ピアフの生涯を語りと唄で表現してくれました。

この唄は こんな状況で生まれたんだと知ることができました。

70歳にして ピンヒールをはいて歌う
すごいなあ
e0111793_2056855.jpg




そして、
コンサート後は 昔の遊郭のあった島原で すっぽん料理を堪能しました。
e0111793_2175350.jpg

e0111793_2175343.jpg

こんな素敵なステンドグラスの遺るカフェ
e0111793_21754100.jpg



じつに美味しくて
そして コラーゲンたっぷり 食べてる間から しっとりしてきましたよ。^^
e0111793_2056946.jpg

生ものの苦手な友人も美味しいと食べてました。
e0111793_20561060.jpg

すっぽんの生血 初めてでした。焼酎わりでした。
へぇーー!て声が聞こえてきそう^^
あんがい 大丈夫でした。
e0111793_20561041.jpg



その後、二次会で 美味しいウィスキー
ホワイトマッカイをロックでいただいく 

三時会で 昔のレコードをかけてくれるお店で
中島みゆき、井上陽水、小田和正などリクエストして うたいまくりハーモニカ吹きまくりでした。
ほんと楽しかった。

今も山下達郎さんのグレイテスト ヒッツ
聴いてます
音楽はその頃の想い出を運んでくれます
by kasumi_em | 2014-05-31 20:50 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(8)

着物で浪曲

友人に誘われて
着る立場で着物を考える会・・・という名前はたいそうだけど
とっても素敵な会に参加させてもらいました。

九州や東京からも参加されてる方があって,
80名ほどでしょうか
いろんな着姿も拝見できました。


ゲストは浪曲師 国本武春さんでした。
実は聴くまでは、浪曲なんて どうかな?って思ってました。

昔にラジオから流れる浪曲を小耳に挿んだ程度だけど
なんか難しいそうだなと。


ところが実際は聴いてみたら、わかりやすく現代風にしてくれてるのでしょうか?
大変感動しました。

国本武春さんは三味線片手にミュージカル、ロック、ブルースもやる
エンターテイメントのようです。

e0111793_21335288.jpg

                           写真、鶴さんより拝借
ひとつ目は三味線弾き語り (→クリック) 「忠臣蔵」をロックとブルースで演じられました。
とても楽しかったです。音楽のような物語のような 落語のような・・・

二つ目は古典で 
(→クリック) 忠臣蔵~赤垣源蔵徳利の別れ 
場面が浮かんでぐいぐい引き込まれ 涙が出てきました。

巧みな話芸に 大笑いさせてもらい
とても貴重な体験でした。



その後、ディナーをいただいて帰りました。
by kasumi_em | 2013-11-26 00:20 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(2)

着物でおでかけ

先日、友達と着物を着て 京都国立博物館に 「狩野山楽、山雪展」 に行ってきました。

ホームページより
e0111793_0415732.jpg

e0111793_114317.png


桃山時代から江戸初期の襖絵や屏風など
年月を経ても色あせない金箔や蒼の美しさ保存状態の良さに驚きました。

流れるような力強さと 動物の気迫
そして山雪の描いた花と自然のおりなす世界や 愛嬌のある動物の表情にも惹かれました。

細かいさと大胆さ


やっぱり実物はすごい気迫で迫ってきました。


私の都合で 時間の制約があり ゆっくりできず
後半は流しながら観るほどの  たくさんの絵画や襖絵の出展でした。



ランチは博物館の前にある ホテルで。
予約して着物でいくと、一人分の値段で二人分食べられるサービス、つまり半額で食べられました。
e0111793_0495790.jpg
e0111793_050125.jpg

あと、ごはん、味噌汁、デザートでした。

着物の写真は友達が撮ってくれたので手元にありませんが
家に帰ってきて 新しい半襟(カラスのえんどう)の写しました。
e0111793_0521492.jpg


次回は5月第4日曜日に 着物でお出かけする予定です。

そうそう、今夜 レトの気まぐれで(笑、レトごめん) 「花やすらぎ」が開店してて
そこでも話した笑い話なんだけど

昔に直した奥歯の虫歯がまた悪くなったようで
痛みはたいして無いんだけど、左のほっぺが腫れてます。

ふっくらして、ほうれい線がなくなって 10歳若い顔になってます。
片方だけ(笑)
by kasumi_em | 2013-05-05 01:02 | 映画・コンサート・美術鑑賞 | Comments(12)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧