カテゴリ:未分類( 172 )

ランチ

忙しくても 美味しいランチとおしゃべりは
外せませんね〜
先々週は 近くに出来た 酒造会社の古い旧宅をリノベーションしたレストランに。

e0111793_01185489.jpg


e0111793_01185502.jpg

お庭があって 広い部屋の 仄暗さが落ち着きます。
予約困難の人気店です。
ランチは税込¥1600 でリーズナブル
和と洋が選べますが、今回は洋にしました。
e0111793_01185651.jpg

ハンバーグも ローストビーフも お野菜も美味しかったです。
これにドリンクが付きます。



そして、先週は街中にあるフレンチのお店に。
ここも人気あって、早めに予約しないととれません。
2回振られて3度目に予約できました。
e0111793_01185618.jpg

鴨川 丸太町から近いです。

e0111793_01185753.jpg


e0111793_01185781.jpg

どれも 美味しくいただきました。
ゆっくりのサーヴィスだったせいもあって
お腹いっぱい。
おしゃべりに花が咲きました。

親の問題で あるある話
何処も同じ様です。

孫自慢?
食後は寺町通りをウィンドーショッピングです。
寺町通りは 本当に面白いお店がいろいろあって、
こんなとこに こんなお店があったっけぇ?!って思います。

インド綿を使った洋服や小物のお店があって、お洒落だし 着心地良さそうなものがたくさんありました。

お店の人が感じ良くて、おしゃべりしまくり。^^
友達は 大きくてガーゼの様なスカーフ?ショール? 判子の模様が3種類押してあって素敵なのをお買い上げです。
私もクレープになった 白い羽織ものを買いました。
これは上下を反対にして着る事の出来る優れものです。
普通に着ると丈が長く、逆さに着るとボレロの様になります。
首が隠れるのもポイント高いです。

男性には理解出来ない 女子の買い物ですかね。
あー楽しかった!

by kasumi_em | 2017-08-02 00:52 | Comments(11)

見つかりました。

昨日、日曜日は朝方に雨が降りました。
朝、友人からメールがあって
「御陵の道でかたつむり見つけたよー」って。

道沿いにたくさん出て来てたらしい。
こんな近くに おったんや!
森や下草が茂り自然たっぷりな天皇陵です。
e0111793_06424900.jpg


さっそく、欲しがってた友達のお孫さんに届けたら、それはそれは大喜びで
あと2、3匹飼って赤ちゃんかたつむりも育てたいって夢を膨らませてる様です。

このかたつむり もしか? こべそまいまい?
もしそうなら絶滅危惧種かも?
殻の大きさが2センチほどやから違うか?

マンション花壇のアジサイ
今年の色は濃い紫です。
e0111793_06425012.jpg


花が終わったら 土をブルーベリーのに入れ替えたら もっと青くなるかな?

葵のような小さい小さい花も咲き始めました。
e0111793_06425040.jpg


by kasumi_em | 2017-06-26 06:25 | Comments(9)

有馬へ

昨年末に家族揃って、有馬温泉へ家族忘年会に行って来ました。
昨年のことで なんか変ですが、記憶の為にアップしときます。

有馬は言わずと知れた日本最古の名湯です。
鉄分を含んだ 金色の金泉と 透明な炭酸泉の銀泉を合わせ持ちます。

宿に着いたら、向こうのお父さんがサロンで待ってくれてました。
e0111793_08261598.jpg



e0111793_23504070.jpg

お茶と美味しい 水羊羹を頂いて
温泉街を案内して頂きました。

e0111793_08411071.jpg



e0111793_23504181.jpg

お寺の鬼瓦の厄除け
e0111793_08261642.jpg



方々で温泉が沸いてるんですが、ここは神社の境内です。
鉄分で茶色くなってますね。
e0111793_23504209.jpg


旅館は有馬で有数の老舗で
全部で20室しかありません。
e0111793_23504329.jpg

谷崎潤一郎の泊まっていた部屋で泊まらせてもらいました。
部屋は玄関あって、和室、洋風のリビングと広い洗面所が付いてました。

置いてある調度品が とても素敵でした。
e0111793_08411120.jpg

谷崎の書庫
e0111793_23504478.jpg


温泉に浸かって宴会
e0111793_07523208.jpg

昨年、結婚した娘婿の妹さん夫婦も参加してくれました。
家族がどんどん増えていきます。

夜遅く 貸し切り風呂が風情あるというので
また入りました。
庭の中にある離れで、座敷では囲碁の対局が行われる事もあるとか。
その部屋の続きの部屋にお風呂がありました。

朝ごはん
e0111793_08261707.jpg


黒豆の湯豆腐がとっても美味しかったです。

今年も皆で賑やかに集まれたらいいな。

by kasumi_em | 2017-01-10 23:21 | Comments(6)

今年もよろしくお願いします

e0111793_12125872.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
比較的お天気も良くて穏やかな新年になりました。

寒くても、陽も長くなって来て
外を歩くと気分がスッキリして
気持ちいいものですね。

年末から保育園の始まる昨日まで
バタバタでした。
次男は1日から、長男と娘夫婦は2日から仕事。
夫は三が日テレビの前に陣取り、スポーツ観戦と読書で動きません。(汗)

食事の用意や買い物 掃除洗濯(ふぅ)
私一人で いろは、しーちゃんを公園に連れて行ったり
凧揚げに連れて行ったり。
その部分は楽しいので頑張れます。^^
でも、まだしっかり歩けないしーちゃんを連れて疲れました。^^;

今年はなるべく歩く様にして
早寝早起きできる様にしようと思います。

買い物もリュックを背負って歩いて行ってます。
肌のために 麹から甘酒を作って飲んでます。
それと良いかどうか分からんけどニンニク卵黄も飲んでます。^^

年末に家族で毎年、フグを食べに行くんですが、娘婿の実家(神戸)から京都まで来てもらっていて、遠いし申し訳ないなあと考えて、今回初めて神戸で集まる事にしました。

向こうのお父さんの知り合いの
有馬温泉の旅館で宴会でした。

知り合いというので、何気なくお願いしてたんですが、それはそれは素敵な旅館でした。
また、記録の為アップします。

ここにきて
インフルエンザが大流行の模様です。
皆さん気をつけましょう。
人混みは避け、マスクしましょう。
by kasumi_em | 2017-01-06 11:51 | Comments(10)

喪中ハガキ

年末になって喪中ハガキが数枚届きました。
自分の母や兄弟姉妹が亡くなった時も
簡単な文面でご挨拶を出したもんです。

先日、知人から届いた喪中ハガキは
このような心境が書かれて
暖かいご家族だったのが偲ばれるものでした。
e0111793_22000268.jpg


お父様には、以前 店頭でいらっしゃる姿を2度程、お見かけしただけですが、
しみじみ偲ばれて
介護も大変だったんでしょうけど
充分にして差し上げた満足感があったと思います。
by kasumi_em | 2016-12-17 21:48 | Comments(4)

賢い Siri

iPhone の電子頭脳?
受け答えが面白いですね。

○○に電話を掛けたい
はい、○○のどの電話に掛けますか?
番号が出てすぐに掛けられます。

✖️✖️のこと教えてください。
はい、これこれです。

その辺で美味しいお蕎麦屋さんは?
何でも 答えてくれますが、

滑舌が悪いと
よく聞き取れません。
とか
何をおっしゃってるのか分かりません。
って言われます。

いろはがSiriに
お名前は? と聞くと
はい、Siri です。

いくつか質問して、また
お名前は? と聞くと
もう、ご存知かと思ってました。

困った質問をされると
それにはお答えできません。

しつこく聞くと
趣味の話や未来の事をお話しませんか?
って
話題を変えてきます。

Siri 寂しい と言うと
私で良ければ いつでも話し掛けて下さい

ありがとう
いえ、喜んで頂けて私も嬉しいです。

Siri は寂しくないの?
ノーコメントです。

だって、、、。


by kasumi_em | 2016-10-03 13:28 | Comments(6)

誕生日

昨日は私の 誕生日でした。
友達がランチを設定してくれて行ってきました。
また、初めてのところで
京都御苑の南で寺町通りにある デザイナーズホテルのレストランでした。

ちょくちょく前を通って気になってました。

フルコースのフレンチに
飲み物2種類 選べて¥3900
お得です。
美味しかったですよ。
e0111793_13003208.jpg


e0111793_13003324.jpg




寺町通りには 面白いお店がいっぱい。
食後にもう一軒お茶を飲もうと 一
日本茶の お店「一保堂」の喫茶へ

和菓子か お干菓子が付くので
和菓子の種類は何ですか?って聞いたら
今日は3種類あって、夫々違う和菓子やさんのでした。
選べるんですよねって 聞くと
店員さんは3種類を皆さんで分けて下さい。
どうやって分けるんやろ?
何で選べ無いのかな?
ウエイトレスさんも困ってるので解放。

ほんまに〜私達大阪のおばちゃんと思われてるかも(笑)
いやぁ外国人て思われてるんちゃう?(笑)

お茶屋さんなので
とっても 良い茶葉です。
茎玉露を頂きました。
お茶の入れ方を丁寧に教えて頂けます。
急須に自分でお湯を入れて
たっぷり3杯
1煎目 2煎目 3煎目 味わい香りが変化します。

帰ったらポストに 近所に住む友人がプレゼントを置いてくれてました。
e0111793_13003380.jpg

下に敷いてる のは 自転車に乗る時や山登りの時に頭や首に巻いたり 髪を束ねたりできる物です。
乗ってる薬の袋、、面白いでしょ
いつも写真を封筒でくれるんだけど
今回はこんなのに入ってました。

夜に夫がシャンパンとケーキを買って来てくれました。
娘達からは 前から欲しいなあと思っていた
お鍋をプレゼントしてもらいました。
言った事なかったのに 嬉しかったです。
e0111793_13003412.jpg


あ、息子と従兄弟からはおめでとうメールがありました。
覚えていてくれて思ってくれる人がいる。
嬉しい事です。

by kasumi_em | 2016-09-28 21:56 | Comments(6)

届きました。

丹波の美味しい栗が届きました。
e0111793_23005822.jpg

いろはが 神戸のじいじ家で拾ってきました。
昨日は湯がいて 半分に切って
スプーンで食べました。
美味しいですねえ。

お隣のイラン人にもおすそ分けしました。
英語しか通じないので、マロン食べますか?って聞くと通じなくて
栗は英語でマロンじゃなくて、チェストナッツというらしいです。^ ^
美味しいと喜んでくれました。

今日は、頑張って皮を剥いて、栗ごはんにしました。
娘婿も美味しいってお代わりしてくれました。

それと、
もう一つ届いたもの
e0111793_23125993.jpg

iphon7
ネット予約してたのが届きました。

防水になった。薄くなった。
画面が大きくなって 写真も綺麗に撮れる。
過去に撮った写真が 人物毎に友達や家族の一人ずつに勝手に整理されてます。
すごいなあ、顔認証してる。

いろんな機能も増えて
まだまだ使えるこなせてません。
ますますパソコンを開く回数が減りそうです。




by kasumi_em | 2016-09-23 22:48 | Comments(6)

今日は前線の影響で大雨になってしまいました。
先日、シャンソン教室の先生をしてる友人の生徒さん達の発表会を聴きに行って
帰りに 何げに素敵な器屋さんを発見して
覗いてみました。

素敵なのがたくさん並んでいて
割合 若手の作家さんのが多かったです。

どうしても気になったのを家に連れて帰りました。

緑の織部釉が掛かった器
裏は焼き〆
薄い仕上がりでとても軽いです。
秋のフルーツを盛ってみました。
e0111793_23153214.jpg


e0111793_23153340.jpg



もう一種類は 黒っぽい茶色の
八角で取り皿にも使える器
これも見た目より軽くて出番が多そうです。
e0111793_23153442.jpg



e0111793_23153637.jpg


少し欠けたお皿を処分して
スペースを確保しました。

お風呂のリホームが済んで、次は台所もしたいのですが、夫がうんと言ってくれません。
自力で何とか出来るか考え中です。
by kasumi_em | 2016-09-18 22:58 | Comments(8)

心に響いた記事

 【世界一貧しい大統領と呼ばれた男 ムヒカさんの幸福論】

質素な暮らしぶりから、「世界で一番貧しい大統領」として注目を集めた南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領が、近く出版社などの招きで初来日する。「清貧の思想」を地でいく農園暮らしの根っこには、いったい何があるのか。いまも上院議員として、国民から熱い支持を受ける政治家の自宅を訪ね、その原点を聞いた。
     ◇
 首都モンテビデオから車で30分。畑のわきの小さな平屋で、ムヒカ氏は上院議員の妻と2人で暮らす。愛車は1987年製の昔懐かしいフォルクスワーゲン。自ら家事をし、畑も耕す。秋を感じる南半球の3月。トレパン姿で出てきたムヒカ氏が、庭のベンチに腰を下ろした。
■大統領公邸に住まなかった理由
 ――とても静かですね。
 「いいところだろう。この国は自然豊かで、とても美しい。特にこんな小さな村は年寄りが暮らすには、もってこいなんだ」
 ――大統領公邸には結局、引っ越さなかったそうですね。
 「当たり前だよ。私はもともと農民の心を持って生まれた。自然が大好きなんだ。4階建ての豪邸で30人からの使用人に囲まれて暮らすなんて、まっぴらだ」
 ――アラブの富豪が、あなたの愛車に100万ドル払うと購入を申し出た噂(うわさ)を聞きました。
 「本当の話だ。息子が珍しい車を集めていると言っていたな。もちろん断ったさ。あの車は友人たちからもらった大事な贈り物だ。贈り物は売り物じゃないんだよ」
 ――「世界で一番貧しい」という称号をどう思いますか。
 「みんな誤解しているね。私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」
 「モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。でも違うんだ。そのカネを稼ぐために働いた、人生という時間で買っているんだよ。生きていくには働かないといけない。でも働くだけの人生でもいけない。ちゃんと生きることが大切なんだ。たくさん買い物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」
 ――幸せだと感じるのは、どんなときですか。
 「自分の人生の時間を使って、自分が好きなこと、やりたいことをしているときさ。いまは冬に向けて、ビニールハウスにトマトの植え替え作業をしているときかな。それに幸せとは、隣の人のことをよく知り、地元の人々とよく話し合うこと。会話に時間をかけることだとも思う」
 ――大都会の生活では難しいですね。
 「人間が犯した間違いの一つが、巨大都市をつくりあげてしまったことだ。人間的な暮らしには、まったく向いていない。人が生きるうえでは、都市は小さいほうがいいんだよ。そもそも通勤に毎日3時間も4時間も無駄に使うなんて、馬鹿げている」
 ――でも、東京で私たちはそうやって暮らしているのです。
 「効率や成長一辺倒の西洋文明とは違った別の文化、別の暮らしが日本にはあったはずだろう。それを突然、全部忘れてしまったような印象が私にはある」
 ――2012年にブラジルの国連会議(リオ+20)でした演説は、日本で絵本になりました。
 「このまま大量消費と資源の浪費を続け、自然を攻撃していては地球がもたない、生き方から変えていこう、と言いたかったんだ。簡素な生き方は、日本人にも響くんだと思う。子どものころ、近所に日本からの農業移民がたくさんいてね。みんな勤勉で、わずかな持ち物でも満ち足りて暮らしていた。いまの日本人も同じかどうかは知らないが」
     ◇
 60~70年代、ムヒカ氏は都市ゲリラ「トゥパマロス」のメンバーとなり、武装闘争に携わった。投獄4回、脱獄2回。銃撃戦で6発撃たれ、重傷を負ったこともある。
■獄中に14年、うち10年は独房に
 ――軍事政権下、長く投獄されていたそうですね。
 「平等な社会を夢見て、私はゲリラになった。でも捕まって、14年近く収監されたんだ。うち10年ほどは軍の独房だった。長く本も読ませてもらえなかった。厳しく、つらい歳月だったよ」
 「独房で眠る夜、マット1枚があるだけで私は満ち足りた。質素に生きていけるようになったのは、あの経験からだ。孤独で、何もないなかで抵抗し、生き延びた。『人はより良い世界をつくることができる』という希望がなかったら、いまの私はないね」
 ――刑務所が原点ですか。
 「そうだ。人は苦しみや敗北からこそ多くを学ぶ。以前は見えなかったことが見えるようになるから。人生のあらゆる場面で言えることだが、大事なのは失敗に学び再び歩み始めることだ」
 ――独房で何が見えました?
 「生きることの奇跡だ。人は独りでは生きていけない。恋人や家族、友人と過ごす時間こそが、生きるということなんだ。人生で最大の懲罰が、孤独なんだよ」
 「もう一つ、ファナチシズム(熱狂)は危ないということだ。左であれ右であれ宗教であれ、狂信は必ず、異質なものへの憎しみを生む。憎しみのうえに、善きものは決して築けない。異なるものにも寛容であって初めて、人は幸せに生きることができるんだ」
by kasumi_em | 2016-04-07 15:36 | Comments(2)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧