素敵な夫婦


e0111793_2139331.jpg
天皇・皇后両陛下の成婚50周年でした。
記者会見を拝見しました。

お仕着せの結婚ではなく、自由な意思で結婚なさったお二人。
皇后様は民間から初めて天皇家に嫁いで 計り知れないご苦労があったことでしょう。

いろんな局面を乗り越えられたのも 陛下の思いやりや
支えがあったからの結果なのでしょうね。

何に付け お二人で話合われて 
子供さん達もご自分達で育てて、天皇家に新風を吹き込まれました。


今日はお互いに 「感謝状を贈りたい」 とおっしゃてました。
素晴らしい。
人柄がしのばれました。



私の住む街の 週刊生活情報誌に 
「京都に暮らす 素敵な夫婦物語」 という記事が載っていて
四組のご夫婦のことが書いてありました。

一組は 前に私が買った 「お花屋さんの花ノート」の著者で フラワーコーディネーターの
浦沢美奈さんご夫婦。
ご主人はヘアーサロンと 奥様のフラワーショップの経営をされてます。
「浦和美奈という素晴らしい職人が花にだけ集中していられる環境をつくりたい」と、ご主人の弁。
ご主人に経営のことはすっかり任せて ご主人と居る時はリラックスしてる奥様です。


二組めは オーダーメードのシャツ店として 全国からファンが訪れる
「モリカゲシャツ キョウト」と森蔭さんご夫婦。
二人は即断即決の結婚だったそうです。
奥様がモリカゲシャツのプランナー、「私は直感型人間で、夫は理詰めで考えるタイプ。
私が提案したことに 彼は筋道を付けてくれる」
「彼女は僕と違う人。自分とは相いれないといった違いではなく 面白い違い」
お互い自分に無いものを 認め合ってるようです。


三組めは 大学の客員研究員で カルチャーセンターの講師の小島さんご夫婦。
同志社大学の歴史美術研究会で知り合った二人。
卒業後、奥様は故郷、札幌で医療ソーシャルワーカーとして働き
5年の遠距離恋愛を経て結婚されたとか。
ずっと共働きを続けて 家事は手の空いたほうがやるので 家事と育児の両立に苦労したことはないらしい。
娘さん二人のお弁当は今もご主人が担当し 「そうやってお互いの仕事を尊重してきた。何度も入院や転職をしてきたけれど、必要な時に すっと補いあえるのが、うちの強みかもしれません。」と。
お互いを思いやる気持ちが育ったそうです。



先日から 夫婦二人の生活が始まりました。
いまんとこ 平穏です。
しかし、おかずを作りすぎてしまいます。つい、三人分になってしまう。
娘が職場の近くに住んでいるので 余ったおかずを届けました。
Commented by ゆき at 2009-04-10 22:09 x
こんばんは^^
とてもいい話。夫婦っていろんな形の夫婦がいて、みんな違うんだよね。
かすみさんが紹介してくれたご夫婦の話、とても素敵^^ 
見習わなくては(^-^;)
子供達が巣立っていって、家族の人数が減るって、ご飯の時に一番寂しさを感じるんだよね・・・。私も娘が結婚していなくなったとき、4人分のおかずをしばらく作っていたっけ^^; 
ご主人と二人、新婚のときみたいにはいかないけど、また違った時間が出来るね^^ 仲良くね^^
Commented by hiro at 2009-04-10 23:45 x
こんばんは。

私は正月に時間があれば一般参賀によく出かけます。
陛下のあの穏やかな語り口にとても落ち着きを感じ、穏やかな正月を迎えられます。
銀座のパーラーへのお話や美智子様の強引なアプローチ、当時は斬新な方だったのでしょうね。。。
私は夫婦に関しては何も言えませんが、羨ましく思いました。
政治を抜きにして素敵なお二人だと思います。
そして素敵な家族で微笑ましくなりました。。。

hiro
Commented by rate6000 at 2009-04-11 09:07
さて子離れの時期だな・・かすみ。頑張ってね・・^^
その辺は心配なくて、夫婦生活をどう豊かにするかも大きな問題やねぇ。
まあ肩肘張らずに穏やかに・・^^
Commented by kaede-natural at 2009-04-11 13:06
こんにちは!
天皇皇后両陛下の以前のインタビューで、お互いに点をつけるなら何点?という質問に対して、
陛下は努力賞を、美智子さまはお点ではなく、
感謝状をと言ったのを、なんてユーモアのあるお二人!と
感心したのを鮮明におぼえていますよ。
今回はお互い感謝状を、とのこと。
色々な苦労をされてもきっと励ましあって生きてこられた、
愛にあふれた素敵なご夫婦だなぁ、って思います。
やっぱ、どんな時も感謝の気持ちを忘れちゃいかんな~。
Commented by kasumi_em at 2009-04-11 21:10
ゆきさん こんばんは。
夫婦っていろいろ だけど それぞれ無いものを補いあっているみたい。
やっぱり 思いやりの気持ちが大切やねぇ
でも気が許せる存在であるだけに 我侭も出て
いつもいつもという訳にはいかないから 時々ね。阿吽の呼吸でさぁ~。
仲良くやりたいものです~ありがとう。^^
Commented by kasumi_em at 2009-04-11 21:18
hiroさん こんばんは。
天皇陛下は誠実なかたみたいですね。何処にお出かけになっても
みんなに等しく接しようと心がけていらっしゃるようです。
お話の仕方が穏やかで優しいですよね。
一般参賀にいらっしゃるんですか?一年の平和を願う気持ちになれそうです。
<私は夫婦に関しては何も言えませんが
ってどうして?
ほんとに 素敵なご夫婦ですよね。
Commented by kasumi_em at 2009-04-11 21:24
レトへ
子離れは出来たようです。
これからは 自分のための時間がたくさん取れます。
そして夫婦でどういう過ごし方をするか考えなければ。。しばらくはお互いに好きなようにして 心では頼りにしあってって感じかな。
Commented by kasumi_em at 2009-04-11 21:30
かえでへ
そうそう、今回も美智子さまは 「努力賞が欲しい」とおっしゃったそうですね。そういって笑ってらっしゃいましたね。
皇后さまが「陛下は誠実で謙虚な方でいらっしゃり、また常に寛容でいらしたことが 私がおそばで50年過ごしてこられた 何よりの支えであった」 と。その『寛容』というキーワードが私には とっても響きましたというか 羨ましい。
感謝の気持ちは持っていたいわね。^^
Commented by kasumi_em at 2009-04-11 21:35
かえで それとね。
ユーモアって とっても大切やよねぇ
人の気持ちを和ませるわ
辛いときこそ ユーモア!
映画で『ライフ イズ ビューティフル』 ってドイツのアウシュビッツに送られたユダヤの親子の話があるんやけど あの状況でユーモアを持って生きるんよ。素敵な映画やった。
Commented by dim at 2009-04-11 22:26 x
こんばんは~☆
天皇・皇后両陛下の記者会見、私も拝見しましたけど、ご苦労も多かったでしょうけど、素敵なご夫婦ですね。

他の3組のご夫婦も素敵ですね。

かすみんちも二人の生活が始まったんだ~新婚に戻ったと思って仲良く
やってくださいね。

我が家は、まだ次女がいてくれるのでいいのですが、お嫁に行かないように、彼に来てくれるように説得してるんだけど(笑)

夫婦二人は寂しすぎるなぁ。
Commented by ブルーベリー at 2009-04-11 22:39 x
>天皇・皇后両陛下の記者会見、私も拝見しましたけど素敵なご夫婦ですね。
お二人の穏やかな話し方がとても印象に残りました。
テレビの皇室アルバムは好きで良くみます。
国民の象徴であられるのと同時に夫婦のお手本みたいに感じました。

素敵なご夫婦が彼方此方におられますが、かすみさんもお二人になられたんですね。
最初は戸惑うかも知れないけれど慣れてくると一番心が休まる感じがします。
偶に来る孫達との賑やかな時間も楽しいですが普段静かな生活なのでやはり疲れます。
私は二人だけの静かな生活が気に入ってます(^_^;)
今は1人でチョット寂しい日々ですが・・・
Commented by kaede-natural at 2009-04-12 01:29
その映画はみたことないけれど、アウシュビッツってユダヤ人が
大量に殺された強制収容所?みたいなところだっけかな?
自分の死と直面した状況の中でも明るい希望を見出していくというのは、普通なかなか出来ないことだけど、できたらすごいですね~。
ユーモアが人の心に希望をあたえることってあるんだろうな。
その映画、最後はやっぱり殺されたのかな?

Commented by kasumi_em at 2009-04-12 11:10
dimへ
今日も気持ちのいい朝です。^^
仲良くて 素敵なご夫婦。 
そろそろ 労わりあう年齢になってきますね~。
うちは趣味が違うんよねぇ~。たまには映画や食事は一緒にいきますよ。
新婚当時。。。忘れた^^;
まあ、新しい形ができてくるでしょう。

ぷ お婿さんに来て欲しいって?!
にぎやかで いいわね。
Commented by kasumi_em at 2009-04-12 11:20
ブルーベリーさん
ほんとに~夫婦の鏡ですね。天皇皇后両陛下。

二人だと家事の何もかもが少ないです。
ゆったりした時間が流れています。
あ、でもしばらくは 息子達の残していった荷物の整理をしなければ。
ばっさり処分して欲しいのに いっぱい置いていきました。

一人もたまには 気楽でいいけど 長くなると 寂しい、張り合いが無いかもしれませんね。
Commented by kasumi_em at 2009-04-12 11:30
かえで
この映画は 愛と笑いとペーソスに溢れています。
一度は見て欲しいけど 結末を言っていいんやろか?
息子とお母さんは助かるんよ。
主人公(父)は 息子に絶望と死の恐怖を味わわせないように
嘘のゲームをするんよ。ご褒美は息子の好きな戦車のおもちゃだと言って。
最後に息子が助かって 現れるのが連合軍の戦車。
そのとき 息子の得意げで輝いた顔は印象的です。
Commented by うまこ at 2009-04-14 18:45 x
最近美智子さまの「橋をかける」という本を読みました。
美智子さまはまどみちおの詩を選んで英訳された、という経歴もありまして、子どもにとって本や詩からたくさんの幸せやしなやかな強さを得ることができ、それが平和につながるという信念をわかりやすく誠実に語っていらっしゃいました。ほんとうによくこんな方が日本を代表するような立場にいてくださったなあと思います。
ご夫妻、とても仲睦まじいご様子ですよね。ほんとうにすばらしいご夫婦だと思います。
Commented by ぽとす at 2009-04-15 17:28 x
ここに 写真を見にくると 心が和みます^^
ご夫婦のえぇお話!お互いを思いやり 認め合い 尊重さえしてて・・・
感謝状って言葉に 私 惹かれました。今までのこと、これからのこと 隣を見て にっこり「ありがとね」って 言えるように すごしていきたいです!
Commented by kasumi_em at 2009-04-15 21:47
うまこさん
美智子さまは 絵本だけじゃなくて そんなご本も出されたんですね。
公私の無い 多忙な 私達の考えの及ばない 立場にいながら
つぶされることも無く あんなに爽やかで 仲睦まじい。
素晴らしいですね~。
Commented by kasumi_em at 2009-04-15 21:57
ぽとすさん
和みます? それは嬉しい限りです。^^
いつもありがとう!って 心で思っても なかなか表現するチャンスがありません。感謝状はいいかも。
ぽとすさんも仕事に体が慣れるまで大変ですね。一年もすればリズムが出てくるでしょう。そんなぽとすさんを見守ってくれてるご主人に感謝ですね。
by kasumi_em | 2009-04-10 21:50 | Comments(19)

日々の出来事や感じたことを書いていきます。


by かすみ
プロフィールを見る
画像一覧